FC2ブログ

バイクドラレコ VSYSTO P4.5を取り外して返品

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

さてと。

11月中旬までにドラレコをアマゾンに返品しないといけないので、とっとと外しちゃいましょう。
と思ってドラレコが入っていた箱を開けてみると、忘れていたけどこんなモノが出てきた。
う〜ん、看板に偽りありだぞ、キミ。
20201102_01

まずはフロントカメラとそのブラケットからいっちゃいましょう。
カメラをはずして...
20201102_02

強力両面テープを剥がすために軽くヒートガンで温めます。
20201102_03

冷えた状態だとびくともしなかったけど、温めたらゆっくりだけどきれいに剥がれました。
20201102_04

続きを読む

スポンサーサイト



VSYSTO P4.5を結局どうする!?

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

すったもんだしているVSYSTOとのドラレコのトラブルですが、10月27日にメールしたその日には来なかった返事が翌28日に来ました。

ここまでの経緯を時系列でざっと書いてみましょう。

10月16日にドラレコ着荷。
 ・その日のうちにモバイルバッテリではなくUSB電源ユニットでテスト。
 ・リアカメラ側で少しノイズが入り、その後安定。
 ・しばらくいろいろ試しているとまたノイズが入り、一瞬のブルーアウト。
 ・これはたぶん、VSYSTO指定の2Aではなく、1.8A出力の電源のせいだろうと、そのまま装着することに。
 ※思えばここで引き返しておけばよかったんでしょうね。

10月21日に装着後の様子を動画再生のスクリーンショットとともにVSYSTOに連絡
 10月19日の通勤途上でリアカメラのノイズとブルーアウトが頻発。
 上記のように、テスト段階でノイズ混入があったことも併せてVSYSTOに報告。
 リアカメラか本体、またはその両方を交換していただきたいと依頼。

同日、VSYSTOから返信。
 バイクの型番、キャブレタ車かインジェクション車かの確認、リアカメラの配線の変更を試す/延長ケーブルを外してカメラと本体を直結してみる/前後カメラを入れ替えてみる、などの確認依頼あり。

同日、こちらからバイクの型番とインジェクション車であることを連絡、併せてテスト時には延長ケーブルは介さず直接リアカメラと本体を接続していたがノイズが載ったこと、動画をよく観ると、フロントカメラでも一部だけだが、信号待ちのときに交差する道路を走るクルマやバイクがコマ落ちのようにカクカクと動くような挙動を示していたことを連絡。
当該動画をYouTubeに限定公開でアップし、URLも連絡。
※こんな感じです、公開。
02:10くらいから見ていただくとブルーアウトの過程が見えると思います。


続きを読む

VSYSTO P4.5ドラレコの不具合どうする?

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日、取り付けたけどブルーアウトでウ〜ンな感じのVSYSTOのP4.5ドラレコ。
さあどうしたものかと考えているだけでは解決しないので、日曜日に配線を換えました。

■リアカメラの配線取り回し変更
リアカメラの配線を、フレームに沿ったルートから、タンクの外側を通るルートに変更し、点火タイミングをコントロールする高圧ユニットから離すようにしてみました。
⇛結果
変わらず電源投入直後からブルー画面で録画できず、またはノイズの混入の後ブルー画面に移行、という状況に変化なし。

■フロント/リアカメラの場所入れ替え
フロントカメラとリアカメラの場所を入れ替えてみました。
このとき、フロントカメラの延長ケーブルは追加、リアカメラの延長ケーブルは外して配線しました。
⇛結果
リアカメラは延長ケーブルを外し、かつ 高圧ユニットから離れた状態にしたにも関わらず、状況は変わらず。

20201027_01

以上から、リアカメラまたは本体の異常が疑われるなぁと。

メーカーとのメールのやり取りの中で、カメラのノイズ混入に関して『隣のバイクのノイズが混入したもの』と回答をいただいていましたが、至近距離とはいえ、1メートル以上離れたバイクのイグニッションノイズが混入するくらいなら、自分のバイクのイグニッションの影響のほうが遥かに大きいんじゃないのと思いますよね。
そもそも、二輪車での運用を前提にしているのですから、四輪車に比べてノイズに対する耐性はもっと考慮されているべきだと思うのは酷なのかな。。

まあそんな事を考えていると、もうこれ以上のあれしてこれしてのテストはご容赦願いたいなと。
ユーザー側がこのようなチェックをさせられるのは本末転倒だよなと思ったわけです。
本来、このような不具合チェックはメーカー側で行なわれているべきもので、それができていないなら、いちど全体の新品交換をしていただけないかと思いました。
最初にUSB電源でテストしたときに少しノイズが入ったりしていたので、もしかして個体差(製品のバラツキ)が原因で交換すれば直るんじゃないかと考えまして。
もしそれでも同じ症状が出るんだったら、残念ながら返品かなぁ...。最終的な判断としての返品についてはメーカー側も了承してくれていますし。

ただ、VSYSTOさんの名誉のために書いておきますと、メールでのやり取りは、たぶん中国の方が書かれていて日本語が少し難解なところはあるものの、対応は極めて真摯、丁寧でとても印象は良いです。

さて、どうころぶかな。
機能的には満足だし、造りもいいのでなんとか良品を入れたいですが、さあどうなりますか。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

VSYSTO P4.5ドラレコインプレ

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先週の土曜日にRTに取り付けたVSYSTOのドライブレコーダ。
月曜日の通勤のときから使用スタートしました。

早速インプレと行きましょう。

フロント(日中)
まずは朝の出勤時の画像。
やはり思いアクションカムと違って軽いレンズとその筐体のみのレンズを取り付けているので、アクションカムに比べるとエンジンのバイブレーションによる振動はほぼ皆無と言っていいようです。
ただ、クルマにつけているCOMTECのドラレコでもそうですが、信号待ちなどで他車のナンバープレートは読み取れますが、走行中は先行者のナンバープレートでもよほど近づかないと読み取れるものではないと言えそうです。
まあ200万画素ですからそんなものでしょう。


リア(日中)
リアはセンサーが違うので、画質もだいぶ雰囲気が違います。
フロントに比べてだいぶエッジが強調されているような感じだと思います。
全体に明度も低いようですが、解像感は悪くないと思います。
ナンバープレートの読み取り可否もフロントと同傾向のようです。


フロント(夜)
帰宅時のフロントカメラ。
まあそんなに『めっちゃキレイ!』というほどの画像ではありません。
ダイナミックレンジが高いと言えるものではないし、COMTECやYUPITERUの夜の画像のほうが遥かに暗部の再現性も高いといえます。
もう少し期待していたんですけどね。


リア(夜)
こちらのほうが再現性は高いという感じです。
フロントとリアでセンサーが違いますが、フロントも同じセンサーにしてくれたほうがよかったんじゃない? って感じです。
リアのほうが暗視性能が高いセンサーです。


まあ、実際の評価は実際の動画をご覧いただいて皆さんご自身が下していただければいいのですが、問題は以下です。

この写真は帰宅時にエンジンをかけ、通りに出た直後の画像。
モニタにはリアカメラとフロントカメラの両方を映しています、左がリア、右がフロント。
ご覧のように、左側がブルーアウトしています。
このブルーアウトは朝の出勤時にも発生しましたが、その時はカメラを用意していなかったために撮影できませんでした。
この写真は首からカメラをぶら下げ、信号待ちで撮影。
これを観たときは、始動直後でバッテリの電圧が下がっているからかな、と思っていたのですが、でもエンジンは回っているから十分な電圧は端子に荷電されているはずだよね、と思い直し、また、画面上に表示されている電圧もRidingを見ると13.8V出ている。
どうも電圧じゃないみたい。
20201023_01

上の写真を撮影したあと、すぐに画面は復帰して普通に撮影するようになって、その後は帰宅までブルーアウトすることはありませんでした。
20201023_02

しかし、出勤時にはちょいちょいこのブルーアウトが発生し、帰宅してからファイルをパソコンに取り込んでサムネイルを見てみるとこんなふうにいくつもブルーアウトが発生していることがわかります。
走っている最中にブルーアウトし、しばらくして復帰することもあるので、サムネイルがブルーではないファイルの中にもブルーアウトの画像が含まれているものがあります。
20201023_03

さて、これはどういうこと?

最初にドラレコが到着したあと、USB電源でテストをしたとき、リアカメラの方にちょっとだけノイズが載ったのですが、電源をとったUSB電源の出力が2Aより少し小さい1.8Aだからかな、と思っていました。
が、どうもそうじゃないのかもしれない。走行中にブルーアウトするときはその時となじようなノイズが現れたあとにブルーアウトするので、もしかするとそもそも接触が悪いのかもしれない。
でも接触だったら走っている間中、振動が伝わっているはずだから、しょっちゅうブルーアウトが発生するはず。そうはならないんだよな。
あとは、リアカメラのケーブルのルーティングですが、前回の記事でご覧いただいたように、リアカウルの横からシートフレームの内側を通ってフロントの本体の方まで取り回しています。
この間にイグナイタあたりからのノイズを拾っているのか?
いや、それならテスト時のノイズはないはずだよね?

この県をVSYSTOのサポートに連絡したら...
(1)リアカメラのケーブルのルーティングを換えてみる
(2)リアの延長ケーブルをはずしてリアカメラを直接本体に接続してみる
(3)前後のカメラを入れ替えてみる
(4)それでダメならSONYのIMX323を送るので、そちらに変更してみる
まあこの4つの方法の提案をもらう間に2回ほどキャッチボールがあったのですが、中国の方が日本語を書いてくださっているので、ちょっと日本語がわかりにくく、現在いろいろ連絡を取り合っている状態です。
まあ、向こうのいうとおりに、この週末に前後カメラの搭載位置を入れ替えてみて、その結果を報告することにしましょう。
う〜ん、めんどくさいことになったなぁ。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

VSYSTO P4.5を取り付けよう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

10月17日の土曜日、この日は朝から雨で夕方までやまない予報。
これじゃ自転車も乗れないし、この一週間はアホほど忙しかったし、目が覚めたら10:00前。
こんなときはガレージの中でバイクいじり、前日に届いたドラレコをつけちゃいましょう。
どこにも行けなくてちょうどよかった(^^)

さて、まずはフロントカメラをどこにつけるかを検討。
まず最初に思いつくのはこの部分ですが、どうもカメラブラケットの脚の形からしてあんまり好適とはいえなさそうな気がする。
20201021_01

じゃあ、カウルの下のここらあたりが良いかもね。
20201021_02

実際にカメラをあてがってみると、ここもいまいちな感じ。
それは画角で何かがじゃまになるということではなく、フロントサスがフルボトムしたらカメラが潰れるかはずれるかするんじゃないかということ。
腕時計のちょうど上に写っている四角い箱状のものはレーダー探知機なのですが、実はこれがフルボトム時にフロントフェンダーに接触するのです。
フェンダーの形状を観てみると、この端っこにつけたとしてもフルボトムしたらやっぱり接触するよなぁ(^^;
20201021_03

じゃあやっぱりここかな?
いややっぱり、どうもとってつけた感満開でしっくりきませんね。脚が黒いから目立っちゃうのです。
20201021_04

じゃあこっちなら?
これなら目立たなくていいかもね。
20201021_05

続きを読む

バイク用ドラレコ VSYSTO P4.5が届いた

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日、Amazonに注文したバイク用のドラレコが届きました。
ドラレコと別便で頼んだ熱収縮チューブのほうが先に届きました。
20201019_01

中身です。
安かったのは大陸製のため。この倍ほどの量が入って同じくらいのお値段のやつがあったのですが、いやあ、これでも十分に大量。
20201019_02

長いやつも短いやつも、このままの長さで使うことはなさそうで、たぶん、半分とか3分の1くらいに切って使うでしょうから、こりゃ当分不自由しないでしょう。
というか、使い切る自信がない(^^;
20201019_03

これがいちばん太いやつ、今回のドラレコの中では、ひょっとしたらカメラのコネクタのところに使うかもしれない。
でも、注意しないといけないのは、ちゃんとしっかり密着させるように収縮させないと、水が入りにくいということは、いちど入るとこんどは乾きにくくなるということなので、太さの選定と完全収縮は大事です。
20201019_04

チューブから遅れること1日。
ドラレコも届きました。
20201019_05

至福の開封〜
エアクッションを退けると、ドラレコのパッケージの他にバイザーも。
これ、1,500円相当なのですが、無料で同時追加注文できたもの。
実は、発注した翌日にPrime Dayなんかが始まっちゃって、え〜!! って思ったのですが、結局Prime Dayになる前に選択できたクーポンによる値引き額と同じで、なんだ、よかった。
20201019_06

続きを読む

バイク用ドラレコをアクションカムから変更しよう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

2017年春に遭ったもらい事故のあと、RTが戻ってきてからドライブレコーダ代わりにアクションカムを導入して運用してきましたが、先日、偶然にも目の前で当て逃げの悪質な交通事故の場面に居合わせ、加害車両のナンバーが写っていないかとアクションカムの画像を調べてみたのですが、あいにく振動が多くて不鮮明、ナンバーは読み取れない、ということがありました。
実際にこういう場面に遭遇すると、やっぱりドライブレコーダとして使うんだったらもっとちゃんとナンバーまで写らないとダメだよね、と改めて思いました。

もともとドライブレコーダにアクションカムを流用したのは、
・二輪用のドライブレコーダがけっこうお高い。
・カメラは防水仕様だけど、本体や付属するモニタが防水のものがなかった。
・GoProのパチもんの大陸製アクションカムが8,000円ほどで入手できた。

というのが主な理由だったのですが、やっぱりバッテリ内臓の重いアクションカムだと振動の多いRTではブルブル震えて、まあ、加害者が現場にいれば証拠として生きるだろうけれど、逃げられた場合は泣き寝入りになりかねない。

で、あれから3年が経ったこともあり、冒頭に書いた事故をきっかけに、バイク用ドラレコがどれくらい進化しているのかを調べてみました。

Amazonでバイク用ドライブレコーダで検索をかけてみると、以前よりだいぶたくさんの機種がヒットしている印象。

■Blueskyase DV988
最初に出てきたのがBlueskyseaのDV988という機種。
やっぱり3年も経っているとけっこう進化しているようで、カメラだけじゃなく、こんな大きなモニターがついた本体まで防水仕様らしい。
タッチパネルというのも使い勝手が良さそうです。
20201017_01

■Blueskyasea DV688
こちらも防水仕様ですが、画角が少し狭く、モニタも少し小さい。
必須とは思っていませんが、GPSがついていなくて上位機種と3,000円の価格差というのはちょっと魅力にかけるかな?
20201017_02

続きを読む

いまさらですが、iPhone6s Plusのケースを新調

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

もう3世代か4世代も前のスマホなので、今さらこんなモノ記事にしても、とも思うのですが、いやいや、まだまだ現役だぜ、さすがにOSが更新できなくなったらおしまいだけどね。
私が毎日重宝しているiPhone6sPlusなんですが、4年前に購入していたケースがとうとうだめになりました。
本体下部の左側、イアフォンのプラグを刺すジャックとLightningプラグを刺すジャックの間の細くなっている部分が切れてしまい、簡単にケースが外れるようになってしまったのです。
もともとこのケースは、素材がシリコンらしく、そこそこの柔軟性があってなかなか良かったのですが、やはり4年も使っていると劣化というか、硬化してしまってだめになりました。
20200913_01

このiPhone、前に使っていた5のときもそうだったのですが、裸で使っているとするする滑って簡単に落下させてしまいそうで怖いんですな。
そんな表面処理なものだから、いちどケースを使うともう使わずにはいられない...
しかし、もうディスコンになって長期間が経過している6S Plusなんて、やっぱりケースだってディスコンになっているものが多い。
私の使い方からすると防水ケースでもいいかとも思ったのですが、やっぱりゴツくなってしまうのと、電話をしたときにこちらの声が聞こえにくいという欠点があるらしく、おとなしくオーソドックスなケースで良さげなものを物色しました。
以前は選択肢がいろいろあったのに、今だと『これならいいか』と思えるのはこれくらいしかない。
機種を選び、さらに無色透明かブラック半透明かを選択してオーダー。
20200913_02

翌日には着荷。
20200913_03

至福の開封(^^)
20200913_04

続きを読む

RTに取り付けているアクションカムの取付位置を少し下げてみた

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

今年の6月にドライブレコーダにしているアクションカメラの脚にクラックが入ったことを書きました。
このときに、クラックが入った脚はオートウェウドで修理し、固まるまでと思って短い脚を使ってバイクに取り付けていましたが、そのまま放置状態でした。
この短い脚だとウィンドスクリーンをいちばん下げることができないため、とっとと元の足に戻せばいいのですが、この短い脚のほうが振動が少なくていい塩梅でなかなか実行に移せませんでした。
ちょっとわかりにくいですが、これがカメラに当たらないように最も下げた状態。
20191205_01

これもわかりにくいですが、カウルのストッパにスクリーンは触れていない状態です。
20191205_02

どうしようか考えていたのですが、ホームセンターでスペーサになるものを買ってきて、カメラを取り付けているブラケットの取り付け位置を下げてやればカメラの位置を下げられるだろうと思い立ちました。
で、買ってきたのがこのスペーサ。
違う厚みのものを買ってきて、ちょうどいい高さを出せばいいだろうと。
20191205_03

カメラを外し、ブラケットを外します。
20191205_04

数回試したところ、この2本の組み合わせがちょうどよかった。
20191205_05

取り付けたところ。
20191205_06

20191205_07

これでどうにかスクリーンも下げることができるようになりました。
20191205_08

今ごろ措置をしましたけど、本当は夏のうちにやっておけば少しは涼しくはしれたのにね(^^;
20191205_09

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

ドラレコにしているWIMIUSのアクションカムの脚にクラックが...

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

2017年春に見舞われた事故にこりて導入したWIMIUSのアクションカメラ
先日の通勤時の朝、なんだか様子がヘンなのに気が付きました。
バイブレーションが多いRTでは特に発進のときにかなり激しく振動が伝わってアクションカメラ全体がブルブル震えるのですが、なんだかいつもよりもその振動の周期が長い気がする。
ふだんは『ぶるぶるぶる...』という感じで振動するのに、この日の朝はなんとなく『ぶらぶらぶら...』という感じで、振動というよりは長周期に近い揺れという感じがする。
もしや? と思って信号待ちのときに様子を見てみたら、案の定、脚にクラックが入って脱落寸前の状態になっていました。

帰宅してからじっくりと観察してみました。
これが正常な状態ですが...
20190602_01

ちょっと押してみると、こんなふうにクラックが入っているのがわかります。
20190602_02

反対側から見ても...
20190602_03

こんな感じ。
20190602_04

まあカメラ無しで走ってもいいかなとも思ったのですが、そういうときに限ってなにかあるのが常。
クラックが入った脚を外して...
20190602_05

続きを読む

Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?