FC2ブログ

亀岡に霧を見に行ったら、こんどはゴロンだぁ〜

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

12月の最初の日曜日。
この時期、京都の西の方、一山越えた亀岡の方ではけっこう霧が出るのであります。
春にいちど見に来ていますが、あの絶景をもういちど見たくなって08:00すぎに出発。
霧を見たら淡海湖なんかも見に行こうかと思いつつ。
けっこうな距離を走っていますねぇ。
20191209_01

この日はシトロエンの2CVのほか、古いクルマ、レアなクルマがけっこうたくさん走っていました。
考えてみたらその日は嵐山高雄パークウェイで FromSeven Meetingが開催されていました。
本当はそちらに行こうと前々から思っていたのに、当日、奥さんが車を使うというので、いけなくなってしまった。
嵐山パークウェイは、土日休日、そして秋の紅葉シーズンは平日でも二輪は通行止めになってしまうのです、残念。
20191209_02

沓掛から京都縦貫道に乗ります。
乗って少ししたら前方に霧が見えてきました、おあつらえ向きですね。
20191209_03

そしてその霧に突入、ぐんと気温が下がります。
20191209_04

亀岡ICでおりて山の上に向かいます。
ここも霧に包まれていて、写真ではあんまりですが、とても幻想的な風景が広がります。
20191209_05

そして、テラスに到着〜
20191209_06

続きを読む

スポンサーサイト



京都国立博物館の夕日

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日、京都国立博物館で三十六歌仙の展示が11月24日で終わるというので、奥さんと二人で出かけてきました。
博物館についたのが15:30くらいだったので、ひと通り見て出てくるころには日が暮れかけていました。
三十六歌仙の展示は博物館敷地内の新しい平成知新館でありましたが、その建物の中から、建物前にある池に反射した空も美しく、思わずカメラを出して撮っちゃいました。
20191201_01

建物の外に出てさらに撮影続行。
ホワイトバランスは『AUTO』を外して『太陽光』にしたほうがドラマティックな感じ。
20191201_02

これは夕暮れどきを強調するために2/3EVくらいアンダーに露出補正をかけました。
20191201_03

こちらも同様。
20191201_04

このショットは明暗差がさらに広がったので、-1EV補正しています。
20191201_05

続きを読む

秋の比叡山延暦寺

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

瑠璃光院と美術館を堪能したあと、まだお昼すぎなので、いままで行ったことがない比叡山の延暦寺に行ってみようということに。

比叡山に上るのは、車でも行けるし、ケーブルカーとロープウェーを使って上ることもできます。
今回は、ここまでクルマで来ているのですが、ケーブルカーとロープウェーを使って上ることにしました。
そのほうが沿線の景色が見られていいじゃん、と。
まずはケーブルカーです。
20191125_01

このケーブルカー、大正14年の開業だそうです。
20191125_02

最初のうちはあまり展望も開けませんが、中腹あたりから紅葉が見え始め、ロープウェイに乗り換えて終点に着くころにはこんな風景が広がります。
向こうの方、山の中腹に、私がナイトトレーニングをしているコースの途中にあるクリーンセンターの建物と煙突が見えます。
20191125_03

比叡山頂駅で降りてガーデンミュージアム比叡に向かう途中で琵琶湖が見えました。
20191125_04

見えているのは琵琶湖の南湖。
20191125_05

中央に見えているのは近江大橋、その手前に見えている高層タワーは大津プリンスホテルです。
20191125_06

続きを読む

八瀬の瑠璃光院で秋を愛でよう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

いよいよ京都も秋の観光シーズン。
春の桜と並んで、秋の紅葉は京都の顔の一つ。
久しぶりに奥さんと私のお休みがあったので、あんまり混み混みじゃないところに紅葉見に行こうか、とスタートしました。

どこに行こうかと思案してのですが、あんまりメジャーではなさそうなところに行くことに。
到着したのは10:00から拝観が始まる八瀬の瑠璃光院。
ここのいいところは、拝観者を無制限に入れてしまうのではなく、概ねワングループ20名くらいの集団に分けて、20分くらいの時間差で案内をするため、よくある紅葉の名所のように芋の子を洗うような混雑にならないところです。
20191123_01

山門のところから望める紅葉。まだ色は真っ赤まで行かない、ちょっと早かったかなぁ。
20191123_02

この朝のすんだ空気感が素晴らしい。
20191123_03

キリッと引き締まった冷たい空気が秋の朝を感じさせます。
20191123_04

部分的な赤も映えます。
20191123_05

参道を上っていくと、頭上に素敵な紅葉。
雲がない青空に映えますねぇ。
20191123_06

続きを読む

京都三大祭の一つ、時代祭を特等席で

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

10月26日の土曜日、この日は京都の三大祭りの一つ、時代祭がありました。
今年はこんなプログラム(?)のようなものをいただき、京都御所の行列のスタート地点の席に座ることができるご案内をいただきました、ありがたいことです。
20191103_01

このところ自転車にもあまり乗れていませんので、歩いて会場まで行くことにします。
鴨川沿い。
たくさんの外国の観光客のみなさんが自転車に乗って列をなしています。
どこまで行くんでしょうね、なんだか楽しそう。
20191103_02

京都御所に到着。
ここは敷地内全体に小さな玉砂利が敷かれているのですが、面白いことに、自転車が走るところはみんな同じところを走ると見えて、玉砂利がかき出されて轍ができています。
これだったらロードバイクでも走れるかな?
20191103_03

12:00から行列スタートですが、そろそろ開会式が始まったようです。
20191103_04

続きを読む

お茶会と夢二館

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

今日はバイクも自転車のお休みの文化的な日。
奥さんが習っている茶道の集まり(なんとかいう正式名がありますが、覚えていません ^^;)があって、『パパもたまには体験してみたらいいと思うよ』と連れて行ってもらいました。

場所は嵐山にほど近い松尾大社の中。
水を司るのは龍ではなく、ここでは亀さん。
20190924_01

ちょっと色づいている気の早い紅葉。
20190924_02

ここも立派なお社ですね。
観光客も少なく、静かにお参りできます。
20190924_03

20190924_04

さて、会場に向かいましょう。
20190924_05

続きを読む

軽く整備したRTで久多〜花背コースを下見しに

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

RTの簡単な整備も済ませたし、久しぶりにロードバイクコースのロケハンも兼ねてちょっと長めに走ってみようかと思った週末。
金曜日の日暮れ時は夕焼けで、翌土曜日はいい天気になりそうな予感。
20190914_01

予想は概ね当たり、いい天気の朝、エンジンに火を入れてコースに向かいます。
ロードで走ってみたいのは、以前も行こうと思って断念した久多の集落から花背峠に抜け、鞍馬に降りてくる80キロほどのコースです。
コースの入口と言える白河通りと高野川の交わるところからR367に入ります。
20190914_02

ロードバイクでこのコースを走るときは旧道を通って避ける八瀬トンネル、上りはやっぱりスピードが落ちるからちょっと避けたいところです。
20190914_03

バイクだとあっという間ですね。花折トンネルまで上がってきました。
このコースの最初の難関というか、長い上りがここまで。
スタートからざっと20キロくらい、ひたすら上りです。
20190914_04

トンネルを過ぎると葛川野集落まで下り、楽ちんです。
ちょっと向こうの山の上が雲をかぶっているの心配。
20190914_05

続きを読む

東寺の弘法市と書画展

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

久しく奥さんとデートしていないので、たまにはいっしょにどっか行こっか、と、東寺のフリーマーケットに行ってみることにしました。
弘法市というらしい。
20190801_01

残念ながら、いま東寺の五重塔は瓦の補修工事中で全容を写真に撮れません。
でも、境内には蓮の花が咲きつつあって、とてもきれいな姿を見ることができます。
蓮のお花はちょっとローキーな方が美しい。
20190801_02

20190801_03

20190801_04

20190801_05

20190801_06

20190801_07

続きを読む

京都の中心部で京都の古(いにしえ)を愛でる

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

拙宅の奥さんは京都の伝統文化が大好き。
かく言う私も好きなんですが、そんな二人がたまに一緒に京都中心部の街や探訪をします。

この春に行ってきたのは『重要文化財 杉本家住宅』。
詳細はこの説明書きをご覧いただきたいと思いますが、ひとことで言うと、かつての京呉服屋さんです。
20190608_01

ちょっと小雨降る中、この雰囲気にご満悦の奥さん。
20190608_02

京町家そのまんま。これ、維持するだけでけっこう大変だと思います。
私が学生の頃、この近辺でも町家はけっこう残っていた記憶がありますが、以来30有余年の間に周囲の建物はマンションやらオフィスビルにどんどん建て替わっていってしまっています。
たぶん、相続税対策なんかで手放さざるを得ないのでしょうね、あの税制、なんとかならんのか。
20190608_03

残念ながら内部は撮影できませんので、外だけ撮らせていただきましょう。
20190608_04

20190608_05

お客を出迎える玄関のところはこんな粋なはからいが。
こういうのがいいんですよね。
20190608_06

中がお見せできないのが本当に残念。京都においでになったら是非ご覧になるといいと思います。
お寺もいいけど、こういう豪商のお屋敷なんかも見応えありますよ。


堪能したあと、お茶でも飲もうかと向かったのは『然花抄院 京都室町本店』。
20190608_07

こちらは昔の町家を改装したお店です。
でもちゃんと昔ながらの雰囲気を残しつつ、かつモダンな感じも取り入れて、これはこれであり、という素敵な雰囲気。
20190608_08

奥さんは紅茶と然カステラ。
20190608_09

私はコーヒーと然カステラ。
この然カステラが美味しいんですな、甘党の私にはたまりませぬ。
20190608_10

喫茶ルームの中庭を挟んで反対側は陶磁器や写真が並ぶギャラリー。
20190608_11

この柱や梁は多分創建当初のものをそのままにしているのでしょう、しっかりしていますね。
阪神大震災なんかもくぐり抜けてきた素晴らしい日本建築。
20190608_12

中庭の枯山水。
20190608_13

お店の外も素敵。
20190608_14

奥さんは前に来たことがあるらしく、私を連れてきたかったらしい。
20190608_15

たまにこうやって街中を一緒に散策するのもいいですな(^^)
20190608_16




にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

舞鶴赤れんがパークでトライアルデモを観て帰ろう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

トライアルデモンストレーションまでの間、少しそのあたりを散策。

私がバイクを止めている駐輪スペースはさながらバイクの品評会に様相を呈しています。
KAWASAKI H2。すごいバイクですよね。
いちど走ってみたい気がしますが、私にはとても乗りこなせないでしょうね。
20190511_01

左端のR1150RTは私のRTですが、外人の男性がしげしげと見ていらっしゃいます。
こんなふうに見られるのって、けっこう嬉しかったりします。なにを見ているのかな?
20190511_02

横にあるトランポの後ろには、これからデモで使われるトライアルマシンが。
昔、トライアルといえば2サイクルと相場は決まっていましたが、最近はもう4サイクルしか見られないですね。
20190511_03

さて、デモンストレーションがスタートです。
出演者のご紹介。
久岡孝二選手。
20190511_04

黒山健一選手。
20190511_05

小川友幸選手。
20190511_06

続きを読む

Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?