FC2ブログ

お土居を観てから今宮神社のあぶり餅

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

北野天満宮の中には御土居が現存します。
御土居は豊臣秀吉が京都を囲む土塁を築いたものが残っているもので、京都市内では『御土居町』という、御土居の上に乗っかる町もある、貴重な史跡です。
20190306_01

その御土居の上からちょっと低いところの梅も俯瞰できます。
赤と白のコントラストが美しいですね。
20190306_02

20190306_03

続きを読む

スポンサーサイト

久しぶりに親子で北野天満宮

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

2月22日の土曜日から日曜日にかけて、ふいに息子が帰郷することになりました。
学校からある企業に出張して一日研究の話をするそうで、まあ大人になったんだなぁと感心、感動(^^)
本当は金曜日の夜に帰宅するはずだったのですが、その日はビジネスホテルに泊まることになったってんで、奥さんガックリ(^^;

土曜日、疲れている息子を引っ張り出し、梅が咲いているからあそこだ! と来たのは北野天満宮。
20190304_01

ついてみると、参道の鳥居の前で何やら人だかり。
なんだろうと思ってみていると...
20190304_02

なんと和太鼓がスタート。
20190304_03

ほ〜、こりゃいいところに居合わせたぞ。
20190304_04

この方がボスでしょうか。
20190304_05

迫力のある太鼓の音に力を頂いたあと、参道を上り、参拝を始めます。
この牛さん、自分の悪い体と同じ部分を擦ると良くなるというので、私は頭を擦らせていただきました。
20190304_06

続きを読む

晩秋の大山崎山荘と石清水八幡宮

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

2週間ほども前のことですが、秋も終わりに近づき、そろそろ紅葉を見に行かないと、ということで、奥さんとでかけていきました。

でかけたのは京都のはずれにある大山崎山荘。
奥さんが着物を着てきたのにはワケがあります。
20181215_01

大山崎山荘はけっこうな急坂の上にあります。
坂を上っていく途中で目に入ってくる紅葉が美しい。
20181215_02

トンネルとは言いませんが、見上げてもキレイ。
20181215_03

山荘の入口の門にたどり着きました。
20181215_04

続きを読む

白い霧のあとは紅い紅葉

本日もご覧頂き、ありがとうございます。

かめおか霧のテラスから亀岡の街に下りてくると、もうすでにだいぶ霧も切れてきました。
おひさまに空気が暖められるとどんどん霧が晴れてしまうので、あんなふうに見られる時間帯というのはかなり短いのでしょうね。
20181213_01

亀岡から向かったのは、少し西にある琉璃峡。
その途中でまあ見事な紅葉がたくさんありました。
20181213_02

向こうの暗い山をバックにすると赤い色が映えます。
う~ん、一眼持って来るの忘れたのが悔やまれる。
20181213_03

20181213_04

この赤とオレンジのコントラストだって、一眼だともっときれいに出るんだよなぁ。
20181213_05

続きを読む

京都で霧があふれるところ

本日もご覧頂き、ありがとうございます。

スロットルケーブルを交換したあと、そろそろ走っておかないと紅葉も終わっちまうってんで、試運転も兼ねて京北方面に走りに行ってみました。

定番の周山街道を京北に向けて走っていきます。
20181211_01

トンネルを抜け、このまま日本海側まで抜けてうまい魚でも食えたらいいな、なんて思っていたのですが...
20181211_02

トンネルを抜けると山間部に霧が出ているのが見えてきました。
20181211_03

おお、こりゃ面白いことになっているな、日吉エリアに方向転換してみると、霧は更に濃くなってきました。
20181211_04

これはひょっとすると...
20181211_05

あっちに行ってみるといい景色が見られるかもしれんぞ。
20181211_06

20181211_07

20181211_08

ということで、日吉ダムの横をかすめて亀岡方面に抜けることにしました。
世木ダムの上流もええ感じで紅葉と霧がコラボしていますね、こりゃいいや。
20181211_09

で、亀岡まで下りてきたらどうです、この霧!
20181211_10

おあつらえ向きとはこのこと。
20181211_11

早速、あそこに向かって先を急ぎます。
早くしないと霧が晴れちゃうかもしれない。
20181211_12

平の沢池も霧の中。
20181211_13

場所によって霧にも濃淡があるようですが、まだまだ大丈夫のようです。
20181211_14

続きを読む

日吉ダムの完成で天若湖に沈んだ村々

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日、日吉ダムの堤体内にできているギャラリーに行ってきました。
堤体内には、堤頂部の入口か、スプリングス日吉側からの入口のどちらか側から入ることができます。
当然ながら堤体は水をたたえた湖の壁を構成していて常に冷やされているため、堤体内は鍾乳洞の中のようにひんやりしています。

さて、その堤体内にあるギャラリーにとても興味深い資料が多く展示されていました。

一つ目、ダムができる前と建設途中、そして湖水誕生後の同じ位置からの航空写真です。
これはダム建設前の写真です。
右下に見えている世木ダムは昭和27年にできたものなので、この時点でもすでに写真に写っています。
日吉ダムの堤体は写真の真ん中より少し左上にある『府道京都日吉美山線』の『府』の文字の左上あたりに造られます。
こうやってみると、この狭い山に囲まれた川沿いの土地によく田畑と集落があったものだと驚きますが、ダムができることで7つの集落が水に沈みました。
かろうじてその集落を確認することができます。
20180809_01

こちらはダムの建設が始まった直後の様子。
ダムの基礎が作られているのがわかります。
集落はあらかた姿を消していますが、それは居宅の類は全て取り壊されたためです。
ダムが完成してから建造物の残骸が流れるのを嫌ったためでしょうか。
田畑もほとんどがその痕跡が認められませんが、これは農作業がされなくなって相当時間を経過しているためでしょう。
画面中央より少し上あたりにあった最も広い面積の平地部分に何やらため池のようなものができていますが、これは何のためのものなのか、ひょっとしたら何か説明のようなものがあったかもしれませんが、見漏らしたかも。
20180809_02

そして完成後、水が満たされた天若湖です。
村々の間を縫うように流れていた桂川は水がせき止められたことによって大きな湖に姿を変えました。
20180809_03

続きを読む

日吉ダム周辺で古の集落の跡を見る

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先週一週間ほどは台風の影響でずうっと雨がやまず、方々で甚大な被害が出ました。
被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

かくいう京都でも、鴨川や桂川が増水して、とくに桂川のほうでは、上流の日吉ダムの貯水量の限界を越えてしまったために放水せざるを得ず、通常であれば毎秒160トンの放水量であるところ、満水近くなって毎秒960トンという、実に6倍の量の水が放水されました。
この放水のタイミングというのはそうとうに難しいのでしょうね。
嵐山では、ちょうど渡月橋のあたりの川底が浅くなっているため、川の水があふれてしまいました。

そんな雨が降る前のある日、所要で京北方面に行く用事があったため、ついでに日吉ダム方面に寄ってみることにしました。
これが Google Mapで見た日吉ダムがつくった天若湖。
20180712_01a

衛星写真に切り替えるとこんな感じ。
20180712_02a

右上にある『西念寺』付近から桂川の右岸を日吉ダム方面に向かってアプローチするところからの写真です。
いつも比べてやはりかなり水位が高くなっています。
20180712_03

それでも水はダム方面に向かって確かに流れており、天若湖が確実に満水に向かっていることが見てとれます。
20180712_04

続きを読む

亀甲屋さんで和食をいただく

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

いつもお世話になっている亀甲屋さんという和食のお店があります。
そのお店が29周年を迎えるということで、ぜひおいでを、とお誘いをいただいて行ってまいりました。

お店は京都市内の真ん中近く、御池高倉の交差点を少し下ったところにありますが、その南東の角に御所八幡宮というお社があります。
久しぶりに明るい時間帯にやってくると、こんな石碑がありました。
『皇太子殿下御成婚記念碑』と書かれています。
わきには『昭和三十四年』と書かれていますので、平成天皇陛下が美智子様とご結婚されたときのものです。
もう59年も前ですね。
20180531_01

その交差点を南に下ると、そこに亀甲屋さんがのれんを掲げていらっしゃいます。
20180531_02

続きを読む

もう何回目かな、飲み会のあと歩いて家まで帰ろう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

最近は運動不足でどうにも体重が心配。
というわけで。
もう何回目だろうか。飲み会のあとに家まで歩いて帰ることにしました。

市内でも結婚式で人気があるホテルをあとにします。
20180417_01

中の写真を撮っておけばよかった、ロビーの奥にある階段がシンボルのホテルです。
20180417_02

街中には町屋を改造したようなレストランがけっこうあります。
これがとてもおしゃれ。
20180417_03

続きを読む

少し遅れた記事ですが、梅の三千院です

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

今年の桜はずいぶん早く咲きました。
でも、ちょうど桜が咲いている時分に奥さんがインフルエンザのA型にかかってしまい、今年は残念ながら桜を見に行くことがほとんどできませんでした。

そういえば、桜が咲く前に大原にランチを食べに行った時のことを書き忘れていたな、ということで、3月中旬の、もう1カ月も前のことを書きます。

お昼まででお仕事が終わるから、どこかおいしそうなところ探しておいてね~、という奥さんのリクエストにこたえて選んだのは大原にある『志野松門』という和食のお店。


昔は茅葺屋根だったんだろうなと思しき屋根の形をした古い町屋です。
20180413_01

続きを読む

Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?