FC2ブログ

城南宮の梅と椿と、伏見の ”月の蔵人”

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

寒かった3月の某日。
奥さんが城南宮の梅を見に行きたいと言い出したので、よし、行こうとでかけてきました。

城南宮は京都南部、伏見の方にある神苑で、源氏物語の花の庭があって美しさに定評があります。
20200321_01

社務所の横には『京都五社めぐり』のポスターがあって...
20200321_02

そのマップも貼られていました。
これ、すべてのお社を回るに、クルマでなくても自転車だって行けちゃうのが京都のいいところ。
20200321_03

さて、お庭に入っていきましょう。
20200321_04

椿が苔の上に落ちてその色のコントラストが美しい。
20200321_05

続きを読む

スポンサーサイト



丹波篠山に梅を見に行こうと思ったら綾部の梅林まで走っちゃった

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

3月の初め、梅の季節ということで、観光客がやっぱり多そうな京都市内は避けて、ちょっと遠くの篠山までRTを駆って行ってみました。
この日も下道オンリーで行くので、きぬかけの路を走って広沢池の横を通ります。
すでに水は平常レベルまで回復していました。
少し前に池が干上がっていたのを見たあとに調べてみたのですが、池の水が干上がっていたのは水抜きと池干しをされるためだということを知りました。
20200311_01

前日に降った雨は、少し高い山の上では雪だったようで、愛宕山の上の方はうっすら雪化粧、粉砂糖をかぶったみたいになっていました。
20200311_02

広沢池の道を隔てて南側には梅の木と、まだ現役なのかどうかよくわからないトラクタ。
20200311_03

その後、嵐山から亀岡に抜け、R9、R372に乗ってゆっくり走って2時間ほどで丹波篠山に到着。
篠山城跡の北側に設けられている駐車場は一日とめて200円という ”ただ” みたいな料金。
市営なんでしょうが、旅行者にはありがたいですね。
20200311_04

篠山はいままで何回か来ているのですが、いつ来てもいいですね。
=> 奥さんに強制連行されて篠山に行ってみたら
=> 思いもかけず、篠山で一日散策
今日は梅を見に行きたいので、ここではちょっと写真を撮るだけ。
20200311_05

続きを読む

なんだかへんに物思いに耽るショートツーリング

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

今年の冬は雪が降らない。
バイクにしろロードバイクにしろ、バランスを取りながら走らないといけない二輪車にはありがたいといえばありがたい暖冬です。
ロードバイクで走ることも考えたのですが、先日走ったので、バイクのツーリング走り初めと決めました。
向かったのは篠山方面。
なんとなく体の調子が芳しくなかったので、片道60キロくらいで帰ってきたらそんなにダメージもないでしょ?

途中、冬枯れの並木を見つけて思わずパチリ。
20200204_01

もうこのRTにのり始めて12年と2ヶ月。
走行距離も128,000キロを越え、自分でこのバイクを駆った距離も114,000キロを後にしました。
20200204_02

途中でいろんなトラブル、サブフレームが折れたりABSユニットがぶっ壊れたり、最悪だったのは2017年春の事故だったり。
今回のショートツーリングではなんでこんなこと考えるんだろう。
なんとなく、写真を撮ったあと、近づいていってタンクをなでたりして、なんだかただの『機械』という感じがしないのだよ。
20200204_03

あと何年乗れるかな?



大丈夫。
20200204_04

2年前の大雨で崩落した日吉ダム、世木ダム上流のダム周遊路。
この春には復旧するはず。
20200204_05

こんなに長く乗るとは思っていなかったけど、たぶん、もうバイクが乗れなくなるまでこいつに乗っている気がするな。
20200204_06

う〜ん、なんだか今日はちょっと変だな。
と思いつつ、やっぱりそろそろガッツリ超ロングに行きたいなぁと。
春になったらまた日帰りで白馬あたりに行ってみるか。
20200204_07

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

須賀神社の懸想文と聖護院

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

2月3日は節分。
ここ2年ほどは、私の高校時代の同級生のお誘いで祇園にあるとあるお店で『おばけの会』を楽しんでいましたが、その同級生が遠方に転勤になって出てこれなくなったため、今年は奥さんと夜の須賀神社に行ってきました。
20200210_01

ここは縁結びの神にちなんてお公家さんが烏帽子をかぶって顔を隠し、懸想文(要するにラブレター)を代筆して渡すという風習を残しています。
20200210_02

そのお公家さんと並んで記念写真を取る奥さん。
もうお嫁にいっているからいいやん、と言いつつ、懸想文を買っていました(笑)
20200210_03

続きを読む

亀岡に霧を見に行ったら、こんどはゴロンだぁ〜

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

12月の最初の日曜日。
この時期、京都の西の方、一山越えた亀岡の方ではけっこう霧が出るのであります。
春にいちど見に来ていますが、あの絶景をもういちど見たくなって08:00すぎに出発。
霧を見たら淡海湖なんかも見に行こうかと思いつつ。
けっこうな距離を走っていますねぇ。
20191209_01

この日はシトロエンの2CVのほか、古いクルマ、レアなクルマがけっこうたくさん走っていました。
考えてみたらその日は嵐山高雄パークウェイで FromSeven Meetingが開催されていました。
本当はそちらに行こうと前々から思っていたのに、当日、奥さんが車を使うというので、いけなくなってしまった。
嵐山パークウェイは、土日休日、そして秋の紅葉シーズンは平日でも二輪は通行止めになってしまうのです、残念。
20191209_02

沓掛から京都縦貫道に乗ります。
乗って少ししたら前方に霧が見えてきました、おあつらえ向きですね。
20191209_03

そしてその霧に突入、ぐんと気温が下がります。
20191209_04

亀岡ICでおりて山の上に向かいます。
ここも霧に包まれていて、写真ではあんまりですが、とても幻想的な風景が広がります。
20191209_05

そして、テラスに到着〜
20191209_06

続きを読む

京都国立博物館の夕日

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日、京都国立博物館で三十六歌仙の展示が11月24日で終わるというので、奥さんと二人で出かけてきました。
博物館についたのが15:30くらいだったので、ひと通り見て出てくるころには日が暮れかけていました。
三十六歌仙の展示は博物館敷地内の新しい平成知新館でありましたが、その建物の中から、建物前にある池に反射した空も美しく、思わずカメラを出して撮っちゃいました。
20191201_01

建物の外に出てさらに撮影続行。
ホワイトバランスは『AUTO』を外して『太陽光』にしたほうがドラマティックな感じ。
20191201_02

これは夕暮れどきを強調するために2/3EVくらいアンダーに露出補正をかけました。
20191201_03

こちらも同様。
20191201_04

このショットは明暗差がさらに広がったので、-1EV補正しています。
20191201_05

続きを読む

秋の比叡山延暦寺

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

瑠璃光院と美術館を堪能したあと、まだお昼すぎなので、いままで行ったことがない比叡山の延暦寺に行ってみようということに。

比叡山に上るのは、車でも行けるし、ケーブルカーとロープウェーを使って上ることもできます。
今回は、ここまでクルマで来ているのですが、ケーブルカーとロープウェーを使って上ることにしました。
そのほうが沿線の景色が見られていいじゃん、と。
まずはケーブルカーです。
20191125_01

このケーブルカー、大正14年の開業だそうです。
20191125_02

最初のうちはあまり展望も開けませんが、中腹あたりから紅葉が見え始め、ロープウェイに乗り換えて終点に着くころにはこんな風景が広がります。
向こうの方、山の中腹に、私がナイトトレーニングをしているコースの途中にあるクリーンセンターの建物と煙突が見えます。
20191125_03

比叡山頂駅で降りてガーデンミュージアム比叡に向かう途中で琵琶湖が見えました。
20191125_04

見えているのは琵琶湖の南湖。
20191125_05

中央に見えているのは近江大橋、その手前に見えている高層タワーは大津プリンスホテルです。
20191125_06

続きを読む

八瀬の瑠璃光院で秋を愛でよう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

いよいよ京都も秋の観光シーズン。
春の桜と並んで、秋の紅葉は京都の顔の一つ。
久しぶりに奥さんと私のお休みがあったので、あんまり混み混みじゃないところに紅葉見に行こうか、とスタートしました。

どこに行こうかと思案してのですが、あんまりメジャーではなさそうなところに行くことに。
到着したのは10:00から拝観が始まる八瀬の瑠璃光院。
ここのいいところは、拝観者を無制限に入れてしまうのではなく、概ねワングループ20名くらいの集団に分けて、20分くらいの時間差で案内をするため、よくある紅葉の名所のように芋の子を洗うような混雑にならないところです。
20191123_01

山門のところから望める紅葉。まだ色は真っ赤まで行かない、ちょっと早かったかなぁ。
20191123_02

この朝のすんだ空気感が素晴らしい。
20191123_03

キリッと引き締まった冷たい空気が秋の朝を感じさせます。
20191123_04

部分的な赤も映えます。
20191123_05

参道を上っていくと、頭上に素敵な紅葉。
雲がない青空に映えますねぇ。
20191123_06

続きを読む

京都三大祭の一つ、時代祭を特等席で

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

10月26日の土曜日、この日は京都の三大祭りの一つ、時代祭がありました。
今年はこんなプログラム(?)のようなものをいただき、京都御所の行列のスタート地点の席に座ることができるご案内をいただきました、ありがたいことです。
20191103_01

このところ自転車にもあまり乗れていませんので、歩いて会場まで行くことにします。
鴨川沿い。
たくさんの外国の観光客のみなさんが自転車に乗って列をなしています。
どこまで行くんでしょうね、なんだか楽しそう。
20191103_02

京都御所に到着。
ここは敷地内全体に小さな玉砂利が敷かれているのですが、面白いことに、自転車が走るところはみんな同じところを走ると見えて、玉砂利がかき出されて轍ができています。
これだったらロードバイクでも走れるかな?
20191103_03

12:00から行列スタートですが、そろそろ開会式が始まったようです。
20191103_04

続きを読む

お茶会と夢二館

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

今日はバイクも自転車のお休みの文化的な日。
奥さんが習っている茶道の集まり(なんとかいう正式名がありますが、覚えていません ^^;)があって、『パパもたまには体験してみたらいいと思うよ』と連れて行ってもらいました。

場所は嵐山にほど近い松尾大社の中。
水を司るのは龍ではなく、ここでは亀さん。
20190924_01

ちょっと色づいている気の早い紅葉。
20190924_02

ここも立派なお社ですね。
観光客も少なく、静かにお参りできます。
20190924_03

20190924_04

さて、会場に向かいましょう。
20190924_05

続きを読む

Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?