FC2ブログ

バックプレッシャーバルブが詰まっているんじゃないかと思ってお掃除したら

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

オイル交換のときに、フィラーキャップの表面にオイルリークを見つけてしまいました。
ひょっとしてバックプレッシャーバルブの動きが渋くなってクランクケース内の圧が高くなっているの?
まあうすいとは思いますけど、そのまま放置する気にならず、右側のカウルだけ外してチェックしてみることにしました。

外したバックプレッシャーバルブ、取付方向はこう、向かって右から左に向かってブローバイが流れていく一方通行。
両側をきれいに拭いて右側から息を吹き込んでみましたが、すんなり通り、つまりや動作不良はないようです。
まあ、せっかくなので分解してお掃除しておきましょう。
20190912_01

筐体を分解してみましたが、あれ、そんなに汚れた感じはありませんね。
バルブのボールに入った照りがブローバイオイルをかぶっている証拠。ちゃんとブローバイは通っているということですね。
20190912_02

反対側も想像していたよりもずっとキレイ。
20190912_03

外してお掃除。
20190912_04

入口側も。
20190912_05

きれいになりました。
20190912_06

出口側。
20190912_07

入口側。
20190912_08

ボールとスプリング。
20190912_09

復旧してお掃除は終了。
20190912_10

過去ログを探してみたら、今年のGW前にいちどお掃除していました。
まだ半年も経過しておらず、取り越し苦労でしたが、まあ気になったときに観ておくほうがいいですね。無駄ではなかったと思っておきます(^^;

ついでにサイドスタンドの下駄の取り付けボルトの増し締めと...
20190912_11

サイドスタンドの摺動部にグリスを噴いておきました。
20190912_12

これらの作業も125,597キロで。こういうのはちゃんと記録しておいたほうがいいですね。
20190912_13

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



RTのミッションオイルを交換するからついでにエンジンオイルも

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

気がつけば、そろそろミッションオイルを交換しないと、と思い至ってからすでに3ヶ月が経過してしまいました。
オイルはもうとっくの昔に手元に来ているのですが、どうも暑くて、自転車には乗れても、無風状態のバイクメンテはできなかった(^^;
前回のエンジンオイル交換から2,000キロ走っていることもあり、エンジンオイルといっしょにミッションオイルも換えちゃいましょう。

まずエンジンオイルから。
フィラーキャップをあけます。
けっこうきつい抵抗感があるのに、フィラーキャップの上にはオイルリークの痕跡。
これはひょっとして...
Oリングはフィラーキャップと下のスリーブの両方にあるから、スリーブ側が劣化してきているのかも。
あるいは、まさかバックプレッシャーバルブが詰まってクランクケースの内圧が上がったなんてことはないよな?
これはあとでチェックしよう。
20190908_01

例によってドレンプラグを指でちょいちょいして...
20190908_02

あ〜失敗、指についちゃった(^^;
20190908_03

新しいパッキンを準備。
20190908_04

鉄のパッキンなので、方向を間違えないようにね、潰れ代がプラグ側ですよ〜
20190908_05

続きを読む

そろそろRTのメンテナンスもしないとねぇ...

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

最近、RT絡みの記事がぱったりと止まっておりますが、はい、ちゃんと乗っています。
このところ休日には自転車ばかり乗っているためODOの伸びは鈍っていますが、ちゃんと125,000キロを超えてぶりぶり走っています。
20190827_01

ただ、RT絡みのネタがないのですよ。
冷間時のアイドリング上昇の鈍さは相変わらずですが、温まってしまうとパワーもトルクも申し分なく、もうこれでいいやって思ってしまっていることと、たぶんアイドルアップのケーブルの先端についているディストリビューションディスクを回すなんというんでしょう、棒状のものを、ケーブルごとごっそり換えてやれば治りそうな気がする。そう、ディストリビューションブロックもそっくり交換ね。
要するに、アイドルアップケーブルの引きがちゃんとスロットルケーブルに伝わっていない気がするということです。
最近はアイドリングアップレバーを引いた状態で、さらにほんのちょっと、本当にほんのちょっとだけアクセルを開いてセルを回すことで不調になる前と同じエンジンの回転上昇を得ることができるのを発見したし、そこからのスタートもとてもスムーズ。
とっととケーブルを交換すればいいのですが、このクソ暑い中で整備する気が起きず、不要不急の作業として先延ばしにしています。

このあいだの夏季休暇は一週間、RTにはお休みをしてもらっていましたが、お休みが終わって再び通勤快速に復帰してもらっています。
乗鞍も終わったし、少し秋風が吹きだしたらオイル交換、そろそろクラッチ板も気になるから、そのロケハンも兼ねて、クラッチレリーズの交換でもしようかと考えています。
20190827_02

パーツはフルード漏れがしないような改良版と思われるレリーズがすでに手元にありますし。
20190827_03

そうなると、オイル交換やレリーズ交換はいいとして、スロットル周りのケーブルも調達しないとね。
少し前に左側のスロットルケーブルの固定用爪をちぎってしまっているので、これも含めてMotorworksに発注する予定です。

といいつつ、また秋になったら自転車のロングライドの誘惑が多いんだろうなぁ、どうなるでしょう(^^;

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

RTのクラッチフルードにエアが噛んだ

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日のRTのメンテナンスでベアリングを交換しようとして失敗をしましたが、もうひとつ、ちょっと困ったことが起こりました。
ハンドルを元通りに固定して、ガレージの定位置に置くために道路に一旦出してクルマと入れ替えするとき、いつもサイドスタンドが外れるのを防ぐためにギアを1速に入れるのですが、ニュートラルに戻すためにクラッチを握ったときに、明らかに感触が違うのです。
ふかふかというか、こりゃどう見てもエアが噛んだ感触という感じ。
ハンドルを吊っていたときに、その角度の関係でリザーバタンクの中のエアがホース側に回ったのでしょうね。
まあこういうときはクラッチレバーを小刻みにストロークさせるとエアがリザーバタンクの方に上がってきて元通りになるものだと思うのですが、どうもしっかり完全に元通りにはならない。
試走してみるとまあクラッチは切れるので走ることはできるのですが、クラッチが近い、つまり、目一杯握った状態から少しだけ戻しただけでつながってしまう。
まあ走れないわけではないけど、これだとエンストしてつなぎゴケするリスクも高いし、どうもクラッチが完全に切れている気がせず、クラッチの摩耗も進みそうなので、エア抜きをすることにしました。

右のサイドカバーを外してブリーダーホースを出します。
20190716_01

ウレタンのカバーを外したあと、イモネジを外します。
20190716_02

これ、なくさないようにしないとね。
20190716_03

イモネジを外した奥にはボールが出口を塞いでいます。
20190716_04

そのボールを、このブリードニップルの先端が押してフルードが出てきます。
20190716_05

続きを読む

電気系統断線と被覆の修復

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

ステアリングステムベアリングの交換失敗のとき、左側のスイッチボックスからのびるケーブルの被覆がぼろぼろと崩れて地面に落ちるのが目に入りました。
ここの被覆はもう随分前にいちど補修をしていたのですが、その補修のテープも劣化して粘着力がなくなり、下の被覆とともに崩壊したようです。
20190706_01

ハンドルバーに固定されているタイラップを切って配線をバラします。
20190706_02

崩壊した被覆を落とせるだけ落としてしまうと、こんなところに断線を修復した痕跡が出てきました。
よく観察したところ、ここはまだしっかりしているようなのでそのままにして補修を進めます。
20190706_03

続きを読む

R1150RTのステアリングステムベアリング交換 3度めの挑戦 くぅ〜(^^;

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

最近ほったらかしのRT。
走行距離は125,000キロに届こうというところですが、以前、ステムベアリングにゴリゴリ感が出ていることを書いたことがあります。
でも、交換作業に挑戦するも交換完了することができず、そのままの状態で乗り続けていました。
不思議なことに、この作業失敗のあと、感じていたゴリゴリ感は鳴りを潜め、あれは何だったんだろうというオチでした。
ところが最近、こんどはゴリゴリ感は出ていないけど、ガレージからの出し入れのときに、据え切りをするとベアリング付近から『コキ、コキッ』という音がするようになってきました。
なんじゃこりゃ?
こりゃいよいよ交換しなきゃイカンなと。

じゃあ始めましょかね。
まずはステアリングを外します。
地面に置くわけにいかないので紐でカウルに引っ掛けて吊っときます。
20190704_01

ホースやケーブル類のルーティングを記録しておきましょう。
これ、やっとかないと組み直したらハンドル切ったときにケーブルやホースが突っ張らかってしまうことに繋がります。
これはチョーク(アイドルアップ)ケーブル。
20190704_02

スイッチボックスからのびるケーブルはステムの下をくぐっています。
20190704_03

右側はこんな感じ。
20190704_04

左右のナットも外れたので本丸の大きなボルトを外しにかかりましょう。
20190704_05

続きを読む

そろそろミッションオイルの交換時期かな?

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

私は毎日RTを通勤で乗っていますが、そのため、徐々に何かの劣化があってもなかなか気が付きません。
もともとそういう変化に鈍感なため、高いパーツを使っても違いがわからず、文字通り猫に小判、豚に真珠なのであります。
そんな私でも最近、ミッションのタッチが悪くなってきていることに気が付きました。
なんだかシフトアップするときもダウンするときも『がちっ』という感触になってきたのです。
シフトアップ・ダウンのときって、基本的にクラッチレバーはフルストローク握り込むことはせず、せいぜい半ストロークほど握って操作するもの。
中にはクラッチレバーを握らずに、回転を合わせるだけでチェンジされる方もいらっしゃるようです。
それはさておき、タッチが悪くなってきているということはそろそろ交換時期だと思って、前回いつ交換したのか記録を調べてみました。
そしたらもう3年前、105,624キロのときなので、そろそろ2万キロに達するというところ。
20190610_01

ファイナルのギアオイルは2017年の事故のときについでにオイルシールの交換で交換してもらって以来2年交換していません。
ファイナルはともかく、ミッションはちょっと長く置きすぎですね。
20190610_02

さて、これくらい時間が経っているとオイルもどんどん刷新されていて、前回使っていたものを探しても見つかりません。
ギアオイルってエンジンオイルよりずっと交換インターバルが長いから、毎回前回のオイルが見つからないんですよ。
エンジンオイルで使っているシェブロンはずっとあるのにね。

で、指定されている年度 75W-140でハイポイドギア対応のもの、API規格で言うとGL-4かGL-5が適合するそうです。
検索すると、少し幅をもって検索されました。
80W-90でも使っていらっしゃる方は多いし、ディーラーでも使っているので大丈夫でしょう。
20190610_03

75W-140だとこの左側のカストロールがガチですが、ちょっと高いですね。
まあ2年くらい使うことを考えたらこれくらいの値段でもいいっちゃいいんですが。
20190610_04

あとはクラッチフルードと...
20190610_05

ブレーキフルードも交換したほうがいいよね、そろそろ。
20190610_06

もう少ししたら発注してやろうっと。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

またやった、いじり壊し! スロットルケーブル復活できるか?!

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

やる気がどうも起こらなかった土曜日のメンテの翌日、日曜日にちょっとやる気を出して頑張ってみました。
やることは
バックプレッシャーバルブのお掃除
フューエルプレッシャレギュレータの点検・お掃除
エンジン同調
コンプレッションチェック

まあメインは同調とコンプレッションチェックってところですね。

まずはバックプレッシャーバルブのお掃除から。
ブローバイのオイルと水蒸気が混じって乳化してしまっているので、これをきれいにお掃除します。
20190505_01

バルブの役割を果たすボールは、購入当初は真っ白でしたが、すでに6年経過してすっかりブローバイミストの色が沈着してしまっています。
20190505_02

クリーナーキャブでお掃除。
沈着してしまった色はどうにもなりませんが、乳化してしまったオイルはきれいにしておきます。
20190505_03

内部もきれいに。
左側についているバルブの密着を良くするラバーもだいぶ劣化してきていて、そのうち本体ごと新しくしたほうがいい時期が来るかもしれませんね。
20190505_04

これでバックプレッシャーバルのお掃除は終わり。

次、プレッシャーレギュレータを外してみましょ。

続きを読む

各所注油とプレッシャレギュレータ点検下見

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

さて、注油もしておきましょう。

サイドスタンドの動きが渋くなっています。
20190503_01

本当はばらしてグリスアップしたほうがいいに決まっているのですが、なんだかどうも気が乗らず、簡単にシリコンスプレーを噴きこんでおしまい。
反対側の擦れた跡のあたりにも噴いて、スムーズに動くようになりました。
20190503_02

そのあと、プレッシャーレギュレータもチェックしようと思って、どうするか考えていました。
CLYMERのマニュアルを見ていると、プレッシャレギュレータがついているフューエルディストリビュータを外すにはトランスミッションケースを外せ、なんて書いてあります。
は?
そんなことしないと外せないなんてことないでしょ、エアクリーナボックスまで外してしまえばいけるんじゃないの?
と思いつつ、エアクリーナボックスを外すのですら面倒くさい、どうもいかん、気が乗らない。
で、いろいろ観察していたのですが、私のRTはABSユニットを摘出してしまっているので、バッテリを外せばこのブラケットの下にフューエルディストリビュータが顔を出すはず。
20190503_03

4本のネジを外してやると、ほら、プレッシャレギュレータが見えました。
しかし、考えてみれば当然なのですが、このブラケットの下に取り付けられているスロットルケーブルのディストリビューションブロックに左右のスロットルケーブルがつながっているため、上方に上げることができず、手が届きません。
20190503_04

なんだかほんとに気が乗らない。
今日はこの辺にして、ショックのシャフトやフロントフォークのブーツ部分などにシリコンスプレーを噴いて、あとは翌日に持ち越そう。

ところで、いままであんまりしげしげと観察したことなかったのですが、ショックのプリロードノブを操作したらどれくらいバネが動くのか試してみました。

これ、最もプリロードを弱くした状態。
20190503_05

ノブに刻まれている5つの目安ラインの二つ目のところまで締めた状態だと...
20190503_06

更に三つ目。
20190503_07

四つ目。
20190503_08

五つめ。
20190503_09

なるほど、これだけ動けばだいぶ硬さも変わろうというもの。

なんとなく納得してこの日の作業は終わり。
翌日、取り残した作業を継続します。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

GW前のメンテナンス 〜ブレーキ系〜

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

ブレーキだってちゃんと見とかないといけない。
パッドが減っていたらパッドも交換しましょう。

リアブレーキ。
減ってはいるけどまだ交換するほどではない。
それよりも2017年の初めだったかに交換したリアディスクの減りが早いのが気になる。
20190429_01

フロントブレーキフルード、まだ熟成までいってはいない、もう少し頑張っていただきましょう。
20190429_02

リアもまだ大丈夫。
20190429_03

フロントブレーキパッド右側、まだ大丈夫。
20190429_04

20190429_05

左側も同じ状態、片減りも見当たらない。
20190429_07

リアブレーキパッドは2017年の春、112,734キロのときに交換しているので、まだ11,000キロ位、あと6〜7,000キロ位は持つでしょう。

あ〜、もうちょっと頑張らないとな。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?