その後のエンジンの調子はどうだ? 次の一手はナンだ

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日実施したエンジンのタペットクリアランス調整
実施直後の試運転では、気温が高かったこともあってか、アイドリングアップレバーを引いてエンジンをかけたところ、エンジン回転数も高くなって『こりゃうまく行った』と喜んでいたのですが、果たして、次の日の朝、通勤でエンジンに火を入れて走り始めると、従前と変わらないエンジン回転数の低下がみられ、結局、改善はしていないことがわかりました。


う~~ん。


これを『まただめだったか』と思うか、『これが原因ではなかったとわかったぞ』と思うか、まあ私は哲学者ではないのですが、やっぱり後者のような考え方をしたほうが次の手を考えやすい気がしますね。

ということで、いままで手を入れたところと、まだ手を入れていないところをあげて考えてみることにしました。

インジェクションは違った。

O2センサーも違った。

タペットクリアランスも違った。

こうなると、対象物はだいぶ絞られてきます。

続きを読む

スポンサーサイト

バルブクリアランス調整2回目、自分でできた(笑)

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

さてと、暑くなる前にバルブクリアランスを調整しちゃいましょう。
といいつつ、実施したのは最高気温が30度に届くかもという予報の日。

カウルをはぎ、スパークプラグをはずします。
20180610_01

右側のプラグ。
まだ大丈夫のようです。焼け具合も大丈夫かな。
20180610_02

20180610_03

こちら左側。
20180610_04

20180610_05

両方を並べてみると、左右の焼け具合も同じような感じであると思えます。
20180610_06

20180610_07

続きを読む

エンジン用のちっこいパーツを調達

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

記事があと先になっちゃいましたが、先日、バルブクリアランス調整をしているときに調達の必要が出てきてしまったちっこいパーツ。
やってきたのはモトラッド京都。
20180608_01

在庫があったから『いつでもどうぞ』と言われて取りに行ったものは...
20180608_02

これです。
20180608_03

わかる人はわかる、ともったいぶるようなものではないのですが、エンジンの右後ろにある上死点確認ホールの蓋であります。
20180608_04

新しいものはこんなふうに弾力があるのですが、古いほうがまるで硬質プラスチックのようにかちんこちん。
いちどはずしたら二度とはまりやしない。
20180608_05

一週間、走る間にあけっぱなしというわけにもいかないので、蓋を失った穴はテープで蓋。
ちょうどクラッチハウジングの中なのでオイルが噴くこともないし、もちろんブローバイが出ることもなし。
次の休みにはこれをふさぐためだけにまたカウルをはがないといけない。
新しい柔らかいやつを取り付けるときには向こう側に押し込んでしまわないようにしないとね。
20180608_06

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

ちょっと早め、前回交換から 1,000キロでオイル交換

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

前回の交換からまだ1000キロしか走っていませんが、GW前だからとオイル交換をやることにしました、こんなに黒いんだもん。
20180503_01

オイルのドレンはバックプレッシャーバルブの掃除とホイール洗浄をしている間に行いました。

まずはフィラーキャップをあけてクランクケースに空気が入るようにして...
20180503_02

ドレンプラグを車体右側から緩め...
20180503_03

続きを読む

センタースタンドのバンプラバーを再修理する

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

もう2年ほども前、センタースタンドのバンプラバーがはずれたためちょっと加工をして修理しましたが、そのタイラップ2本のうち、1本が切れてしまいました。
20180501_01

2本あるうちの片方だけなのですぐにどこかに飛んでいってしまうことはないでしょうけれど、残っているほうも地面に接触しているからいつ切れるかわかりません。
20180501_02

続きを読む

約半年ぶりにバックプレッシャーバルブをお掃除

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

まずは悲しいお知らせ(^^;

せっかくいろいろいじっているのですが、このGWの東京行きは取りやめになりました(^^;
ま、しゃあないですね。

さて。
気を取り直して作業を進めましょう。

今回はバックプレッシャーバルブのお掃除です。
20180427_01

ブローバイホースから外して本体を緩めていきます。
ここですでに乳化したブローバイオイルがのぞいています。
20180427_02

続きを読む

なめたパッドピンを交換した

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

メンテナンスを続けましょう。
これはGWの前週の日曜日、オイル交換でオイルを抜いている間の作業です。

先日のフロントフォークのシール交換のときになめてしまったパッドピン
いま考えるとナンでパッドピンなんか緩めたんだろうと思いつつ、なめたピンを抜きにかかります。
20180425_01

少し前に購入してきたエキストラクタを軽く叩きこみます。
20180425_02

しかる後にハンドルを使って簡単に緩みました、エキストラクタ偉大なり。
20180425_03

続きを読む

GW前のエンジン同調

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

さてゴールデンウィークも今週末から。
まだ行けるかどうか確定はしていませんが、行くことを前提として準備しないとね。

ということで、RTの整備を少しずつ始めました。

まずは同調であります。
アイドリングスクリューをはずします。
こりゃ汚い。いままででいちばん汚れているかも。
反対側も似たようなもの。
この汚れの原因に不調のヒントがあるかも?
20180423_01

最初に念のためにスロットルポジションセンサーの電圧を再チェック。
20180423_02

0.42ボルトを刺していたので、0.39ボルトに合わせました。
前回の調整がうまくなかったのか、寒いころだったからバッテリの電圧が低くなっていたのか...
20180423_03

続きを読む

クラッチ交換をどうしよう

本日もご覧いただき、ありがとうざいます。

最近、悩んでいるのであります。
いまのRTの走行距離は11万7千キロ。
20180409_01

2016年12月にセルモーターをはずしてクラッチの厚みを測ってみたときの結果では、それまでの走行距離と残りの厚みから計算した走行可能積算距離は単純計算で159,000キロ。
その結果からするとまだ4万キロほどは走れそうに思えます。

でもね。

続きを読む

ダイレクトイグニッションを交換した

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

春分の日に届いたパーツのうち、すぐに取り付けられるものといえばダイレクトイグニッション。
さっそく交換してみました。

交換は簡単。
左側から行きましょう。
20180403_01

カバーをはずして。
20180403_02

コードをはずしてから抜きます。つけたままイグニッションコイルを抜くと、勢いあまって断線の恐れありです。
20180403_03

続きを読む

Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?