fc2ブログ

応急処置をしていた右側スロットルケーブルを交換

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

さて、吸気系のお掃除も完了したので、スロットルケーブルの交換にかかりましょうかね。

いつものようにバッテリを取り外し、バッテリケースの底面にある2個のナットを外します。
同様にして、ABSユニット跡地の下にあるナット2個も外すけど、こっちは写真なしです。
20230608_01.jpg

ケーブルディバイダを引き出すにはその手前にあるブローバイホースが邪魔。
ちょうど引き出すところにバックプレッシャバルブがあるので、それを外してやれば引き出すスペースを確保できます。
20230608_02.jpg

引き出す前に、念のために左側スロットルケーブルに紐をつけて、うっかり全部引き抜いてしまったときに元に戻せるようにしておきます。
20230608_03.jpg

反対側はサイドスタンドの引き出しアームのところに結びつけておけば、どんなに引っ張っても向こう側に抜けてしまうことはない。
20230608_04.jpg

まあ、今回は右側のケーブルだけの交換なのでここまでしなくてもいいっちゃいいんですが、まあ備えあれば憂いなしってことで。
20230608_05.jpg

続きを読む

スポンサーサイト



1,000キロぶりのスロットルボディのお掃除

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

春先にスロットルケーブルを交換したときに、右側スロットルワイヤの固定用のフックが切れているのを発見し、交換用のワイヤを調達してからだいぶ時間が経ってしまいました。
6月3日の土曜日にようやくまとまった時間が取れそうだったので、今回はじっくり時間をかけて慎重に交換することにしました。
何しろ、このフックはけっこう簡単に切れてしまうもののようで、私は先日発見したものを含めて、すでに2本切ってしまっています(^^;

10分ほどでサイドカウルとガソリンタンクを取り払い、スロットルケーブルを外しにかかります。
左側のケーブルは交換しませんが、復旧時に元に戻せるように大体の位置を記録しておきましょう。
20230606_01.jpg

ロックナットを緩めてタイコを回してケーブルをプーリーから外します。
20230606_02.jpg

ケーブルはプーリーを前方に回って...
20230606_03.jpg

ここで引っかかっているので、レバーを動かしてタイコを外してやります。
20230606_04.jpg

続きを読む

左側スロットルワイヤ交換と右側ワイヤの修理

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

スロットルボディをきれいにしたので、左側のスロットルワイヤを交換しましょう。
左側のスロットルワイヤですが、もう4年ほども前にメンテナンスしていたときに壊してしまい、応急処置をしたまんま2万キロ近く放置していました。
不調の原因の一つかもしれない疑いは拭いきれませんが、まあこのスロットルケーブル交換前からもあまり調子よくなかったから直接原因と思えず、そのままが続きました。
やっと重い腰を上げたって感じです(^^;
まずはバッテリを外し、バッテリブラケットの底にある2個のナットを外し、写真は撮っていませんが、ABSユニット跡地の下にある2個のナットも外してケーブルディバイダを引き出せるようにします。
20230312-110912_IMG_2284.jpg

左側のケーブルのねじ込み具合をいちおうチェックしておきます。
新しいケーブルも同じくらいの深さを基準にまずはセットし、その後、微調整をすることにします。
20230312-113628_IMG_2287.jpg

ところでこのケーブル、スロットルボディのねじ込み部分が傷んでしまっています。
これは間違いなく、スロットルボディ清掃時に無理な力をかけて歪みを生じさせてしまったものです。
ええかげんな仕事をしたらイカンですね。
20230312-114616_IMG_2288.jpg

ケーブルを引き抜くときに備えて、ケーブルの先端部分に紐を結びつけます。
20230312-114853_IMG_2289.jpg

紐の反対側を車体側のフレームに結びつけます。
こうして、ワイヤを交換するときに新しいケーブルが同じルートを通るようにしておきます。
20230312-114907_IMG_2291.jpg

続きを読む

スロットルケーブルの交換に先立って吸気系のお掃除

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

前からやろうやろうと気になっていた、RTの左シリンダのスロットルワイヤの交換をしようと思い立ちました。
この際、スロットルボディのサイドの掃除とバックプレッシャバルブ(BPV)など、吸気系の掃除もやっちゃおうと。

カウル、ガソリンタンクを外し、増設したオイルミストキャッチタンクに向かう、エンジンのクランクケースから伸びるブローバイホースのところにあるBPVを外しにかかります。
BPVの直後はオイルミストの色が沈着していますね。
20230312-100341_IMG_2258.jpg

外してみると、写真ではわからないですが、乳化した凝結オイルと水蒸気の混合液体が少しだけたれてきました。
ここもちょいちょい外してお掃除したほうがいいのかも。
20230312-100353_IMG_2259.jpg

外したBPV。
表も...
20230312-100428_IMG_2260.jpg

裏もオイルミストで汚れています。
20230312-100434_IMG_2261.jpg

続きを読む

R1150RT 左側のアイドリングスクリューばかり真っ黒になる理由はこれか?

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

久しぶりにRTをいじりました。
今回は、昨年秋に取り付けたオイルミストキャッチタンクにどれくらいの水が溜まっているかの確認と、いちど効果が出ていると確認できているスロットルボディ内の汚れ解消度合いの追跡確認です。

前回は、淡路島を走ったあとに一度ドレンし、さらに通勤で500キロほど走ったときにチェックしました。
20230304_01.jpg

そのときに溜まっていたミスト。
量にしてタンクの4分の1か3分の1くらいだったかな。
20230304_02.jpg

そして本日、それからさらに150キロほどをあとにしてから再び外してみることにしました。
20230304_03.jpg

まずは外装を外してオイルミストキャッチタンクに至るホースの様子をチェック。
この写真の右端の、ホースが繋がっているのはバックプレッシャバルブ(BPV)
BPVから出てすぐのところはオイルミストの色素が沈着していますね。
ここらへんでもかなりミストが結露していることがわかります。
実際、BPVを分解してみると内部は乳化したオイルミストでけっこう汚れています。
20230304_04.jpg

続きを読む

増設したオイルミストキャッチタンクが満タンだ〜!

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

最近、RTの記事が鳴りを潜めていますが、もちろん、ちゃんと乗っています。
ただ、距離をそんなに乗っていないのでいじるところがあまりないのです。
そんな状態ですが、先日の出勤のとき、そういえば増設したオイルミストキャッチタンクってそのままほったらかしだよな、と思い至りました。
で、会社についてからサイドカバーを開けてオイルミストキャッチタンクのボディを緩めてはずしてみてびっくり。
カフェオレか、と思うような液体が、もう七部目溜まっていました。
20230206_01.jpg

これ、ブローバイガスと一緒に入ったオイルミストと水蒸気が凝結して溜まったものです。
オイルミストよりも水蒸気のほうが多いものと見えて、同じタンク内に溜まったオイルが水とまじり、バイク走行時の振動でシェイクされて乳化してこんな色になったのでしょう。

前回、オイルミストキャッチタンクを設置したのは 139,704kmのとき。
20221014_34.jpg

そして、タンクを確認してから家まで走ったあとではありますが、現在のODOは 140,718km。
20230206_02.jpg

ちょうど 1,000km程を走ってこれくらい溜まったということです。
季節的に寒くなって水蒸気の結露が促進された、ということはあると思いますが、従来は同じ季節にこれだけのオイルと水蒸気がエアクリーナボックスに還流していた、ということを示すものなので、オイルミストキャッチタンクの増設の効果はけっこう大きいと言っていいでしょうね。

今後も700kmごとには開けてみたほうがいいかもしれない。
というお話でした。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




BMWランキング

R1150RTに増設したオイルミストキャッチタンクの効果はあった!

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

オイルミストキャッチタンクを装着し、オイル交換もして300キロほどを走ってきたのですが、帰宅してからスイングアームにオイルが垂れて落ちていることに気がついた。
ああ、場所から見てきっとオイルミストキャッチタンクから漏れているんだな、と確認してみると、やっぱりそうでした。
タンクのパッケージにはシールテープも入っていたのですが、ネジのフリクションからつけなくても大丈夫じゃない? なんて思ってつけていなかったのが裏目に出た。
20221028_01.jpg

でも漏れているのは底面のドレンプラグだけではなかったようで、タンクからのOutのニップルはそうでもありませんが...
20221028_02.jpg

Inの方はけっこう漏れている。
20221028_03.jpg

横から引いてみたらこんな感じ。
20221028_04.jpg

続きを読む

オイルミストキャッチタンクを取り付け完了

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日インストールした後付のオイルミストキャッチタンク
エアクリーナボックスに入るところのホースの屈曲がきつすぎて、仕方なくタンクから出ていくOut側は大気開放の状態にしておきました。
しかしこのままじゃ違法状態なので、ホースの部材も変えてやり直すことにしました。

ということで、ちょっともったいないけど、ホースを買い直すことにしました。
再びAmazonです。
20221014_01.jpg

ホースは透明タイプで、前回調達したのがワイヤ入りの硬いものだったのでもう少し柔らかいものにしてみました。
内径は、本当は14ミリなのですが、15ミリで妥協、サイズがこれがいちばん近かった。
1メートルのものを2本購入です。
20221014_02.jpg

実は先日の仮設置のあと、あまり大きな声では言えませんが、2回だけ通勤で乗ってみました。
ざっと80キロほどですが、キャッチタンクの中がどうなっているかを見ておくことにしました。
ドレンコックはつけていませんので、本体ボディのスクリューを回してはずしてみまたところ、中にけっこうな量の水が溜まっていました。
少し油分も含んでいます。
燃焼後のブローバイガスに含まれる水蒸気が凝結したものと思われます。
20221014_03.jpg

続きを読む

増設オイルミストキャッチタンクの仮インストール

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

さて、じゃあオイルミストキャッチタンクを取り付けましょう。
前回、金属製タイラップで失敗したので、その直後、適当な太さのクランプを物色して注文してありました。
念のために2種類、安かったのでMonotaROで。
20221008_01.jpg

ひとつは片口開きのクランプ。
20221008_02.jpg

間にステーを渡すにはちょっと使いにくそうだけど、しっかり閉じられそうなのでひとまずカゴに入れてみたものです。
20221008_03.jpg

もうひとつは両開きのクランプ。
20221008_04.jpg

蝶番に相当する、ネジ止めする方と反対側のところは凸凹が噛み合って固定されるタイプ。
20221008_06.jpg

固定にはちょっと不安が無きにしもあらずですが、こちらのほうがステーを渡すのは楽そうに見える。
20221008_05.jpg

続きを読む

オイルミストキャッチタンクの取り付けを試してみた

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

さて、オイルキャッチタンクもきたことだし、うまくいくかどうか不安だけど、装着してみましょう。

ガレージにテーブルを出しますが、この日は雨で、2卓のテーブルを立てるのはなんとなくめんどくさい。
で、ここ一年ほどはパニアケースを付けたままガレージに置いてあるので、パニアケースを2個並べて、そこにいつも作業台に使っているお風呂の蓋を置いてみました。
20220928_01.jpg

ちょっと前傾しているけど、パーツを置くだけなら使えそう、これいいな。
20220928_02.jpg

最初は右側のカウルだけはずせばいいかなと思ったのですが、エアクリーナボックスに入るホースのところをいじろうとするとやっぱりタンクまで外してやったほうが良さそうだったのでタンクまで外しちゃいました。

続きを読む

Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?