FC2ブログ

ロードバイクで大阪湾を目指そう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

11月最初の三連休の土曜日。
ひっさしぶりに晴れた休日に、こりゃどっか走りに行かんといかんね、モーターサイクルじゃなくてロードバイクでね。
先日届いたクラブジャージで走りたいけど、そのまんまだと半裸に等しいので、冬用のインナーを着てスタートです。
...と思ったら、下はユニクロのエアリズムだった(笑)

まずは西に向かいましょう。
世界遺産、金閣寺前。
09:00すぎにスタートしたのですが、さすがにこの時間だと観光客の数も少なめ。
ここはサクッと通り過ぎて、きぬかけの路を進みます。
20191105_01

程なく広沢池に到着。
ここは秋に来ると気持ちいいんですよね。
20191105_02

なんの花かわかりませんが、オレンジのきれいな花が咲いています。
20191105_03

この色、自転車の黒によく合いますねぇ。
20191105_04

広沢池の向こうにある『平安郷』。いちど拝観したいのですが、どうも定期的な公開はしていないようで残念。
20191105_05

嵐山エリアに突入。
丸太町通から山陰本線を南に渡ると嵐電 嵐山駅方面に下れます。
これはトロッコ列車のようですね。トロッコ保津峡や亀岡まで行ける線のはずです。
20191105_06

渡月橋に到着〜。
朝早いと、あの芋の子を洗うような人出もまだなし、とてもいい具合です。
山の方の樹々も少しずつ色づいてきているようで、あと半月くらいで見頃かなぁ。
20191105_07

中之島地区に渡る橋にちょっと寄り道。
20191105_08

続きを読む

スポンサーサイト



秋のナイトライド開始〜

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

暑い夏が過ぎ、ちょっと過ごしやすくなったと思ったら、あっという間に肌寒くなってきました。
なんだかなかなか中庸というのが感じられない京都エリア。
このところ休日というと雨が降るのでなかなか乗れず、先日、ようやく2週間ぶりくらいに乗れた(^^;

こういうときは無理して坂上りはせず、平地をまったり走って体を慣らすに限る。
でもあんまり短い距離だとちょっとね、ということで、まずは西に向かう。
20191030_01

到着したのは嵐電嵐山駅。
昼間はすごい人だけど、夜はすいていてええ感じ。
20191030_02

そして私の夜のお気に入りスポット、渡月橋の上。
雲が多いけど、それがかえって空の表情を作ってくれていいかも。
20191030_03

続きを読む

秋の入口

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

10月の20日のこと。
ようやく涼しくなってきて、雨続きだった週末も晴れた。
もう2週間も満足に走っていないから、あんまり張り切ると後で使い物にならなくなるんで、まあちょっとのんびりコースで行こうと。
といいつつ、ボトル2本も付けて、サドルバッグまで付けてやる気満々(笑)
20191101_01

高野川の横のR367を上り、大原の里まで来ました。
20191101_02

いつもの江文峠を大原から西へ越え、静原へ。
空の感じも地上の色も秋の気配。
そういえば、峠を越えて下るときの空気はだいぶ冷たかったなぁ。
20191101_03

静原川のほとりにはすすきが。
これから秋が深まっていく予感です。
20191101_04

水も澄んでいてきれいですね。
20191101_05

続きを読む

クラブジャージだ!!

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

ここ数年、毎年のように参加しているMountain Cycling in Norikura。
このきっかけを作ってくださったのはていじんさん
そのていじんさんが所属されているサイクリングクラブ、代表の14144さんが第三次クラブジャージ製作をしてくださるってんで申し込みました。
そうそう、去年の乗鞍大会の直後にクラブに参加させていただくことになったのです。
で、代表の14144さん、副代表のしげさんが東奔西走してくださり、そのジャージが届きました、ありがとうございます。
20191107_01

至福の開封〜
20191107_02

最初に出てきたのはキャップ。
ヘルメットをかぶっていると、脱いだときに髪の毛がぺしゃんこになるのはオートバイもロードバイクも同じ。
これで隠せると(^^)
20191107_03

ジャージの上下。
20191107_04

早速、着てみました。
あまりお見せしたくないところにモザイクを入れてしまいました、あと、ソックスが普段のものをそのままはいていてダッサイ(笑)
サイズはぴったりですね。
11月でもまだ暖かい日があるかな?
今シーズンでいちど着て走っておきたいんだけど、ちょっと寒いかもなぁ(^^;
20191107_05

こういうタグの類い、なんだかもったいなくて捨てられない性分なのですが、写真だけ撮っておいて思い切って捨てます(^^;
20191107_06

今までジャージって一張羅だったので、これで取り替えながら着られます、ありがとうございました m(_ _)m

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

サドルバッグを固定していたワッシャがなくなっちゃったので部材を変えて再作成

本日もご覧頂き、ありがとうございます。

ロードバイクをEddy MerckxのMourrenx69にしたら、オルトリーブのサドルバッグがつかなくなってしまったため、アタッチメントにワッシャをかませることで取り付けることができるようになりました。
ところが、その後に走った久多行きの途中で、どこらへんを走っているときだったか、右脚を引き上げたときにふくらはぎにポトッとなにか冷たいものが落ちて当たったのがわかりました。
さてはこのワッシャがはずれたな? と思って自転車を止めてみてみたら、案の定、路面にワッシャが落ちていました。
左側はどこを探してもなかったため、たぶん、もっと前に落としてしまっていたんでしょう。
幸い、このアタッチメントを固定するナットはナイロンナットで、ある程度しめておけば、サドルとの間にガタはあるものの、ナットが緩んでバッグが外れるということはなさそうだったので、とりあえずそのときはナイロンで固定されるところまでネジを閉め、どうにかこうにかサドルバッグを装着して走りました。

まあ、これは想定していたトラブルだったので、帰宅してから改めて『詰め物』を作ることにしました。

これがサドルにバッグを取り付けるアタッチメント。
この隙間がサドルのレールを挟んでアタッチメントを固定します。
20191014_01

下側のここをレールが通るということですね。
その間にある扇形のくぼみに適当な詰め物を造ってはさもうという算段。
前はここに丸いワッシャを挟んでいて脱落してしまいました。
20191014_02

パーツを保管しているボックスの中をあさっていたら、オイルクーラーファンのフレームと、初代のサイドスタンドの下駄を作ったときのアルミシートの端材が出てきたので、これを切り出して詰め物を作ろうと思い立ちました。
とりあえず型を書き込みます。
20191014_03

カッターと金属ハサミで切り出し完了。
20191014_04

ハサミを使って少し歪んでしまった端っこを均すために、鉄アレイの上に載せて金槌で叩きます。
20191014_05

これをセメダインで貼り合わせます。
20191014_06

すごくいい加減な形ですが、これでいいのです、このあと、形を整えます。
20191014_07

高さはすっぽ抜けてしまったワッシャを重ねたものと同等にしました。
20191014_08

これが完全に乾いてからポリッシャを引っ張り出し、サンドペーパーを付けて削りをかけます。
20191014_09

続きを読む

SPEEDPLAYのクリートカバーがどっか行った

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

9月の三連休で久多方面に走ったとき、ちょうど花折トンネルを抜けて下りにさしかかるあたりで写真を撮影したのですが、バイクの左側に降りる際に、足元で『がりっ』という感触が。
見てみるとクリートについているカバーがはずれてなくなっていました。
う~ん、ロングライドの序盤でこれはイヤだなぁ。
とボヤいてみても、ここから家に帰ったところで替えはありません。
まああちこち歩き回るわけじゃいないし、このライディング最中くらいは耐えてくれるでしょう。
ただ、このクリートカバーはペダルをはめるときのガイドの役もしているようで、カバーがない状態だとしばしばクリートにペダルがはまらず、がこっと踏み外すことがあってけっこう辛かった。

結局、その日はそのまま走り続け、帰宅した時の状態がこれ。
まあそんなに摩滅しているわけじゃありませんが、やはりというか、そんなに硬度の高い金属ではないらしくこれはとっととカバーを買い直したほうが良さそう。
20191002_01

右側はこんな感じですが、はずれた左側はカバーの摩滅がこれよりもっと進んでいて、こりゃ近いうちにハマっているところが切れてどっか行っちゃうな、という予感はありました。
20191002_02

ということで、こんなもんが3,000円もすんのかよ、とぶつぶつ言いつつ、Amazonさんに発注。
Primeですが、夜発注だったためか、着荷は三連休明けの火曜日でした。
20191002_03

至福の開封~
20191002_04

表側。
20191002_05

続きを読む

ロードバイクで走った久多から鞍馬、少しだけ自信ついたかも

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

お腹を満たしたらまた元気が出てきました。
まあ別にここでヘバッていたわけではないのですが、やっぱり糖質補給はこういう長距離では大事だということですね。

大谷川を右に見ながら走っていると、川の向こうにやはり昔は茅葺きだったんだろうなと思われるお家。
キレイに維持されていますね。
古民家の前に田んぼがあって、その先に小川。
絵に書いたような日本の原風景です。
20190930_01

そこから少し先に行くと、13年前にも前を通った茅葺屋根のおうち。
やはりだいぶ傷みが進んでいますね。
先日、バイクで来たときはどなたかが様子を見に来ていらっしゃるようでした。
20190930_02

こちらが13年前に来た時の写真。
この頃は屋根もまだしっかりしていたようですね。
またきれいな姿を取り戻せるといいですね。
20190930_03

こちらは別のおうち。
まだこうやって茅葺きのおうちが残っているのは嬉しいものです。
でも、このおうちの屋根もだいぶ傷んでいるかなぁ。
20190930_0 4

続きを読む

13年前にMTBで走った久多へ行こう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

中秋の名月の翌々日、9月の3連休の中日に、こんどこそ久多に行くぞと意気込んでロードバイクに乗ることにしました。
先日交換した11-30のカセットの調子も見たいし。

で、以前ちょっと書いた 13年前にGIANT TRANCE2で走ったときのログと、今回Eddy Merckxで走ったログを比較したいということで、13年前の要所要所の所要時間を確認してみました。
09:25にR367の今回のコースの入口といっていい花園橋を通過しています。
そこからずうっと上って、2時間55分かかって府道(F)781の入口に到着。
その後、F110 に乗り換えて、久多宮の町につくのがさらにほぼ1時間後、花園橋からだと3時間58分後。
さらに峠を越えてF110からF38の交差点まで1時間16分、スタートからの時間は5時間14分。
ここからはダラダラとした、そしてところどころきつい上りが続いて、途中のCOW BELLという喫茶店での休憩を挟んで最後のピーク、花背峠の到着は2時間33分後、スタートからは7時間47分。
そこからは一気下りで、いまはもうなくなってしまったMilcoolという喫茶店で夕食を取ることができたのが47分後、スタートからは8時間34分を要したという、本当に一日仕事でありました。
さて、これがロードバイクで、禁煙して12年経った身体でどれくらい短縮できるのか、というのがすごく興味のあるところでした。
20190928_01

この日の京都市内の予想最高気温は35度、でもこの間、バイクで試走した感じでは、たぶん久多や花背峠あたりは上がって25度くらいまでだろうと踏んでいます。
保冷ボトル2本とサドルバッグにはゼリー補給食、途中のコンビニでおにぎりを2個くらい買って、沿道の自販機で水を補給すれば走れるはず。
そうそう、塩タブレットも忘れないようにね。
20190928_02

朝日が眩しい。
サングラス無しでは走れませんね。
20190928_03

こういうのを見ると秋を感じますね。
まだまだ暑いけど、天気予報では9月16日の週の後半あたりから最高気温も30度を切るらしい。
20190928_04

R367に入りました。
さっきまで目を射ていた眩しい朝日は比叡山の向こうに隠れました。
これまた早朝ライドの雰囲気を醸し出してくれていいですねぇ。
20190928_05

続きを読む

なかなか久多方面に行けない、こんどは雨に阻まれた(^^;

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

ロードバイクのカセットを交換する日の早朝、この日は終日晴れという予報が出ていたので朝練に出ることにしました。
スタートは07:00前くらい。
20190922_01

東の空には雲の向こうに朝日が昇ってきました。
ちょっと雲があるのが気になりますが、まあ天気予報が晴れだっていうんだから晴れるんでしょう(^^)
20190922_02

この日、朝も早よからスタートしたのは、前日にRTで下見した京都の山の中の久多の集落を経由して鞍馬の方に抜ける山道を走るため。
R367を上っていきます。
20190922_03

続きを読む

Mourenx69のポジション調整と、そのために付けられなくなるサドルバッグの取り付け加工

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

ロードバイクでしっかり走ろうと思うと、やっぱりポジションは大事。
ということで、ちょっと調整することにしました。

私の印象ではどうもハンドルが遠い。
その点を購入したショップに行って相談してみると、パーツの交換を勧められるかと思っていたら、まずは調整からしましょう、とアドバイスをくれました。

まずはサドルの位置です。
ヤグラの前端にオレンジの矢印の箇所が合わせられていましたが、これをずらして赤の先の箇所を合わせました。
これで概ね1センチ強、サドルが前に出ました。
20190920_01

次にハンドル。
ハンドルのポジションマーカーが、納車時にオレンジの矢印のところにあったのを赤矢印のところまでずらしました。
ブレーキ/シフトレバーをちょっと高くしたということですね。
これでハンドルの遠さはだいぶ緩和されました。
実際に走った感じも違和感なく、巡航でもブレーキレバーに指をかけた状態で走るのが苦になりません。
しばらく走ってまだ違和感が募れば、こんどはステムを交換としましょう。
20190920_02

さて、これでポジションはいちおうの修正が終わりました。
ところが、わかっていたことではありますが、ORTLIEBのサドルバッグがつかなくなりました。
これはサドルバッグのアタッチメントですが、サドルが前に出ることによってシートポストの後端に押される格好で角度が上向きに動いてしまいました。
20190920_03

この位置でバッグをセットしようとしても、バッグ側のレールが真っ直ぐにアタッチメントに入らず、装着できません。
アタッチメントを5ミリくらい下に下げることができればつけられるだろうと思います。
20190920_04

続きを読む

Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?