結果が出ると楽しい ~ロードバイクトレーニング継続中~

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

春になってから再開したロードバイクトレーニング。
当初、73キロまでリバウンドしていた体重はなかなか70キロを切れませんが、あとちょっとというところまできました。
20180614_01

体重はなかなかですが、体脂肪率は23.4%からようやく20%を切るところまで。
20180614_02

基礎代謝は『燃えやすい』レンジで1564kcal。
20180614_03

そしてうれしいのが体内年齢。
実年齢よりも四半世紀くらい若いときた(^^)v
20180614_04

こりゃモチベーションも上がるというもの。
前回の記事でも書きましたが、心肺能力、脚力ではまだまだなんですが、まあ体の組成がよくなるのはうれしいものです。
ということで、先週に引き続いてトレーニングに出かけました。

続きを読む

スポンサーサイト

6月初のロードトレーニング

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

6月の最初の土曜日。
梅雨に入る前のとっても天気のいい日だったので、水と塩飴を携えて走りに行きました。
20180612_01

真っ青な青空、気温も湿度もそんなに高くはなく、自転車で走るには最高な日じゃないかな。
20180612_02

鴨川の右岸を上がっていきます。この道は『加茂街道』とも呼ばれています。
川上から涼しい風が下りてくるのを全身で浴びながら走ることができます。気持ちいい~
このあたりは勾配もあって 1%なので楽にウォーミングアップできます。
20180612_03

左岸に渡ったところにある砂防ダム。この白い水がとっても涼しげ。しばらく見ていても飽きません。
20180612_04

ほぼ同じところから川上を見ると、グラウンドの横の大きな木の茂みがオアシスのよう。
盛夏はあの下が気持ちいいのです。
20180612_05

続きを読む

日吉ダムから高度を稼いで帰ろう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

日吉ダムのビジターセンターはさほど大きな施設ではありませんが、日吉ダムが建造されるころの様子を垣間見ることができます。

まず目に入るのはこの写真。
平成7年5月、つまり1995年ですから、このダムが完成する2年前に発生した洪水です。
桂川の上流で集中豪雨があると、その上流に周囲の山からの雨水が集中的に流れ込み、下流域でこのような桂川の氾濫による水害が頻発していました。
20180606_01

これがそれを解説した図です。
20180606_02

こちらは日吉ダムによってできた天若湖の貯水量を示したものです。
洪水を防止するために、雨の多い季節は水位を下げておき、逆に雨が少ない時期は水位を上げて飲料水を確保するというもの。
このダムができて以降でいちど、3~4年前に嵐山で桂川が氾濫したことがありますが、あのときは日吉ダムの貯水限界量を越えたために放水せざるを得ず、不可抗力といえるものでした。
20180606_03

これ、帰宅してから写真をよく見て『しまった!』と思いました。
『日吉ダムは内部まで見学できます』なんて書いてあるんだもん。
20180606_04

こちらは桂川の洪水事例の写真です。
いずれもこの日吉ダムができる前のもの。
20180606_05

最初の一枚は日吉ダム建設途中の写真のようです。手前が上流、向こうが下流、食事をしたスプリング日吉もまだできていませんね。
20180606_06

そのダム建築現場に大雨で濁流が流れている様子。
そりゃこれだけの水量が下界に流れていったら...
20180606_07

こんなになりますわな。
これはダムのところで西を向いて流れていた桂川がその先でUターンして東向きに向きを変え、亀岡市内を東進しているところで発生した氾濫です。
これだけの水量が山の上から下ってくるというのも驚きですが、それを押さえこめたダムの力もすごいものです。
ですが、それでも貯水量を越えてしまったことがあったから、自然の力とはすごいものですね。
20180606_08

さて、ここから京都市内に戻るのがけっこうタイヘン。

続きを読む

プレ乗鞍に向けて少し長めのトレーニングで日吉ダムまで

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日、TREKさんから『7月にプレ乗鞍やりますよ~』と連絡をいただきました。
そうときまったらトレーニングをしないとね。

ということで、毎晩こそこそと20キロ前後の練習しているので、ちょっとだけ頑張って走ってみようと思い立ちました。
もちろん、目標は『フロントアウター縛り』であります(笑)

自宅を出てから金閣寺方面を目指し、周山街道に入ります。
途中でこんな工事現場に遭遇。
20180604_01

古い東屋の土台を補修しているらしく、ははあ、こんなふうにして工事するのね、と目からうろこでありました。
20180604_02

いつも一服する嵐山高尾パークウェイの入口に到着。
20180604_03

ここまででまだ11キロ。まだ目標の8分の1も走っていません。
でも気温も低く、とっても気持ちがよろしい。
20180604_04

水分と塩分を補給したら出発です。
これから山と谷をいくつも越えます。
20180604_05

続きを読む

江文峠をフロントアウター縛りで上ろう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日の江文峠の足攣り敵前逃亡が悔しくて、早く会社が終わった日、まだ明るいうちに走りに出てみました。

先日の西からのアプローチではなく、東からのアプローチにしようと、若狭街道を上っていきました。
20180602_01

この時間だと涼しくていい具合です。
20180602_02

続きを読む

ロードバイクで夜のトレーニング

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

そろそろ乗鞍に向けてトレーニングを始めないといけません。
ということで、忙しさが過ぎてから夜のトレーニングを再開しました。

楽しみはやっぱりこのサイクルコンピュータなのですが、残念ながら、夜だとバックライトがないと数字が見えないんですよね。
常時点灯にできるのかどうかわかりませんが、そうしたらきっとバッテリのもちも悪くなるでしょうしね。
20180529_01

いつもよりも1段高いギアを選んで坂を上ってみたら、めちゃくちゃきついんですが、何とか上れました。
このときの、その1段高いギアで坂を上りきったとき、いままでの最高心拍数を更新して187bpmを打ちました。やりすぎるとやばいかな。
20180529_02

続きを読む

琵琶湖東岸から初めての100キロ越えを走って帰ろう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

燃料補給をしたら、来た道を戻りましょう。
ホントは来た道を戻るのはイヤで、違うルートで帰りたいのですが、そうすると琵琶湖一周をしないといけない(^^;
時間的にそれは許されないので、とりあえず往路の琵琶湖大橋の東岸まで下り、そこからさらに南下して近江大橋まで行き、西に渡って山科経由で京都市内に戻ることにします。
20180509_01

お店の前にはこんな看板。
ん~、確かに左に行けば名古屋方面だな、自転車で行ってみたい気持ちがすごくしますが、もう少し鍛錬してから挑戦するのがイイかも。
20180509_02

南下して行くと、遠くに琵琶湖大橋が見えてきました。けっこう大きな船が下を通れるようになっていますね。
20180509_03

ピエリ守山の近くにある桟橋。北西に向かってのびているので、これからの季節、夕暮時に来てみるときっと素敵な写真が撮れると思います。
20180509_04

続きを読む

ロードバイクでChalet Mizugahamaにカレーを食べに行こう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

すでにゴールデンウィークも終わってしまいました。
今年はやんごとなき事情によって東方遠征は断念いたしましたが、GWの初日にはロードバイクでちょっと長めに走ってみることにしました。

スタートしたのはかなりゆっくりで、10:50くらいだったかと思います。
20180507_01

コースは途中峠を越えて滋賀県に入り、そのままR477の延長線上にある琵琶湖大橋を東にわたり、琵琶湖周辺のいちばんのお気に入りスポット、Chalet Mizugahamaで何か食べようという算段。
R367を、旧道も織り交ぜながら北上していきます。
20180507_02

左側を流れる高野川。流れ落ちる水の白さを見ていると、すでに夏が近いことを感じます。事実、この日の予想最高気温は28度、もう今年何度目かの夏日であります。
20180507_03

大原の里。
三千院や寂光院がある、京都を代表する里山の一つ。テレビでも有名なベニシアさんが暮らす集落でもあります。
20180507_04

続きを読む

CYCLE SPORTSを読んで乗鞍に上ろう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

ようやく寒さもなくなり、自転車のシーズン到来であります。
いや、本物のローディーの皆さんはクソがつくくらい寒い冬でも走られるのですが、根性無しの私は冬眠期間が長かった。

で、先日、珍しく電車通勤した帰り道、本屋さんに寄ったら、こんなのがあって思わず買ってきてしまいました。
20180505_01

だって『...乗鞍にまだ間に合う』って書いてあるんだもん。
20180505_02

続きを読む

Norikura Hill Climbに向けて錆落とし開始 ~まだトレーニングといえない(^^;

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日エントリした Mountain Cycling in Norikura 2018
本番は5カ月ほども先ですが、私自身はこの4カ月ほど、11月終わりくらいからまったく自転車に乗っていないので、このままではいかん。
少しずつでも錆落としをしておかないと、プレ乗鞍でのまったりヒルクライムでも上りきれないぞ~

ということで、エントリをした翌日、
『錆落としだぞ~』
『ゆっくり、しんどくないように走るんだぞ~』
『おめえはすぐにムキになるんだからな~』
とぶつぶつ言いながらスタートしました。

前日の夜に充電しておいたEdge520J。
心拍数を私が『ちょっと頑張っている感じ』と感じる150以下くらいに抑えて走ります。
20180316_01

平地で25キロくらい、ちょっときつめの上り坂では無理せず軽いギアを選んでくるくる脚を回します。
一つ目の軽いピークで『ああ、いい汗かいたな』という感じ。
20180316_02

続きを読む

Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?