FC2ブログ

日本で二番目に大きい霞ヶ浦とCasa Alberata

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

この日は最高気温36度くらいの暑さ、なんぼ水面を遊覧したからといってもやっぱり暑さにうだってしまう。
たまらず川沿いから少し入ったところにある喫茶店に逃げ込みます。
20200818_01

店内はなんとなくお蕎麦屋さんといった雰囲気ですが、冷たいカフェオレをいただいて一息ついたら、も少し時間もあるし、せっかくここまで来たんだから、霞ヶ浦でも見に行こうと店を出ました。
20200818_02

霞ヶ浦に行くんだったらまっすぐ駐車場に向かえばいいのですが、奥さんはこういうお店を見るとついつい寄ってしまう(^^;
でもいいんですよ、そうそう来れるところでもないから、見たいところがあったら堪能してもらいましょう、だって、ねぇ...?
20200818_03

続きを読む

スポンサーサイト



小江戸... 伊能忠敬の街

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

久しぶりに親子水入らずになった我が家、せっかくだからどこか行きたいという奥さんの希望を聞いて、さあどこに行こうかを算段。
その前になんとなくモーニングを食べたいということになって、近くのイカしたカフェへ。
みんなパンケーキをオーダー。
20200816_91

モーニングをいただきながら決まった行き先は茨城県と千葉県の県境にある香取市の佐原。
20200816_02

ここ小野川は太平洋に注ぐ利根川に流れ込む小さな川です。
20200816_03

その小野川のほとりにある中村屋商店に入ってみました。
20200816_04

続きを読む

田舎の初詣と都心一等地で銀ブラ

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

元旦も過ぎて、京都に帰らなきゃいけない前日、地元の氏神様に初詣に行こう、と親子3人、出かけてきました。
到着したのは『お諏訪さん』。
20200109_01

お諏訪さんも鳥居をくぐると空気が変わります。
湧き水でお清め。
20200109_02

20200109_03

ちゃんとお参りしていきましょう。
20200109_04

20200109_05

続きを読む

親子で浅草寺とスカイツリーの夜景を撮ろう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

隅田川の桜を堪能した後、ここまで来たらやっぱり浅草寺は外せないよね、ということで、てくてく歩いてやってまいりました。
歩くルートから、正面の雷門ではなく、途中から参道に入っていきました。
それでもこの見事な枝垂れ桜です。
20190409_01

20190409_02

20190409_03

20190409_04

ここももう何年ぶりだろう、たぶん、最後に来たのは1992年のお正月じゃなかったか。
20190409_05

27年前に比べると、外国の観光客の姿が本当に多くなりました。
半分くらいは海外の方だと言っても過言じゃないんじゃないかな。
20190409_06

続きを読む

隅田川の桜を見に行った

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

超久しぶりの年休、8連休で東京(千葉)に来ているのでのんびりしていればいいんですが、どうもじっとしていられない性分か、出歩いちゃんですねぇ。
まあ、時期が桜の時分ていうのもあったんですよね、都内の桜なんて、東京勤務時代はなぜか見たことがなく、離れて始めて見たいと思うようになってしまいました。

どうも隅田川の辺りが良さそうじゃん、と奥さん、息子と話していたら、自然と足が向いてしまいました。
20190407_01

しかしここ数日は何故か曇り、あんまり光の周りが良くなくてちょっと残念。
20190407_02

20190407_03

20190407_04

20190407_05

続きを読む

六義園の八十八景

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

六義園の中を、ボランティアガイドの女性と一緒にゆっくり回っていきます。
前回の記事で、八十八箇所の絶景を示す石柱があると書きましたが、この頭が尖った石柱は戦前からある石柱だそうで、戦後、復元されたものは頭が平らだそうです。
20190405_01

それら絶景を詠った句、ごく一部ですが、こうしてリーフレットにされています。
この歳になって、こういう短歌というのはええもんだなと思うようになりました。
五七五七七という短い文字の中でその情景が目に浮かぶような詠って、世界広しといえども日本くらいのものではないかと。
いや、漢文でも似たようなものはあったと思いますが、やはりこの定形の音の中で表現しているのは素晴らしい文化だと思います。
20190405_02

そういう句を詠みながらこうした景色を見ると、またそれが趣を深くしていくものです。
20190405_03

20190405_04

ガイドさんが触って説明してくださっているのは、佐渡ヶ島原産の赤玉石。
細かいことは忘れてしまいましたが、たぶん、鉄分なんかを多く含んでいたと思います。
同じような色を呈する石はオーストラリアでも見られて、あちらは石ではなく、赤い砂状です。
20190405_05

アオキの木。
20190405_06

こういう看板はちゃんと読んだほうがいろいろ面白いですよ。
20190405_07

夜はろうそくが灯るそうで、なんだかかぐや姫が出てきそうですね、
20190405_08

続きを読む

10年ぶりの年休 〜富士山と六義園〜

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

3月25日の日曜日。
この日から10年ぶりに年休を取ることができました。
主たる目的は、息子がとうとう大学を卒業するんで、私と奥さんの両親を呼んで、在学中にお世話になったお礼にお食事会をすること。
なにしろ、インフルエンザにかかったときのほか、まあいろいろお世話をかけましたからね、遠方だと京都からはできないことが多すぎる(^^;

日曜日は07:00頃には出ようなんて言っていましたが、そんな時間に出られるはずもなく、息子に『今から出るよ〜』とLINEを送ったのが09:00頃。
名神高速から新名神、新東名と乗り継いで、新清水ICに着く頃に正面にキレイな富士山。
20190403_01.jpg

このところ、富士山が見える幸運に恵まれています。
20190403_02.jpg

けっこう雲の隠れている確率が高いものですが、この桜が咲く時分が一番きれいな頃でしょうね。
20190403_03.jpg

高速上では桜とのコラボレーションが見られませんが。
20190403_04.jpg

独立峰としては世界一美しい山だと思うなんて言ったら褒めすぎ?
20190403_05.jpg

結局、夕刻に息子宅に到着。
翌日曜日は息子は大学の卒業式。
親は出席できませんので、奥さんと一緒に都内の桜を愛でに行こうということになって、いろいろ検索した結果、六義園が桜とお庭を見ることができて良さそうとでかけてきました。
しかしまあ、クルマで来るからいろいろ荷物を積めるとはいえ、まさか着物を持ってきているとは(^^;
20190403_06.jpg

続きを読む

ざぎんでぶしゃぶしゃ...???

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

もうぼちぼち、ええかげんに正月気分をやめれと言われそうですが、まあも少しだけ(^^;

新年明けて3日めの朝、昨年の11月に引っ越した息子は今年本厄(え〜〜〜!?)。
やっぱり氏神様にお参りに行っとかないとイカンねということで、行ってきました。
諏訪神社であります。
20190119_01

とうとう平成最後のお正月になってしまいましたね。
拙宅の息子も将来『平成一桁』とか言われるのかな(^^;
20190119_02

お参りしたあと、かねてから奥さんと行こう行こうと言っていた銀座へと繰り出すことに。
豊四季駅から東武線に乗ります。
こんなローカル駅感満載の駅舎ですが...
20190119_03

ホームはというと、おお、さすが近代的! と舌を巻いた。新幹線のホームもかくやという趣です、古い駅舎を残して肝心なところはこうやって安全対策をバッチリしているとは素晴らしい。
20190119_04

続きを読む

都心で初詣と江戸探訪

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

初日の出を見終わったのは07:30頃。
10:00に東京赤坂の日枝神社で母親と弟と待ち合わせしているので、高速を飛ばして都心まで戻ってきました。
20190117_01

20190117_02

都会の真ん中にこんな厳かな空間があるなんて、と去年も書いた気がします。
20190117_03

お参りしてさあ次の場所へ。
20190117_04

到着したのは江戸東京博物館。
20190117_27

続きを読む

年末年始のバタバタ?

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

さてと。
ようやく年末年始の東京行きの話が追いついてきました。

12月28日の最終稼働日。
この日は所要があってくるまで会社に出勤。
その帰り、駐車場から出そうとエンジンをかけ、ライトを点けるとぽ〜ん、と警告音。
右のヘッドライトが切れているらしい。

このままじゃ走れないので(と言いつつ、ショップまで走らないと修理もできない)、その足で近くのAUTOBACSへ。
閉店直前だったので店の人にやってもらうのもね、ということで、買うもの買って寒空の下、交換しました。

これが切れたヘッドライト。
ものの見事に『溶断』といっていい状態。
20190111_01

こちらが新しく買った バルブ。両目で税込み3,000円ちょっと。
できるだけストックのものと同じ色温度が欲しかったのですが、一番低いもので4,800Kで、バルブはこんな色。
20190111_02

まあ切れた方だけ交換して行こうかとも思ったのですが、実際に点灯させてみると、当たり前ですが左右で全く色が違う。
道交法上、これが整備不良に当たるかどうかわかりませんが、やっぱり色は揃えておいたほうがいいだろうということで、両方交換しました。
20190111_03

切れたバルブはこんな感じ。
20190111_04

溶断してフィラメントがチューブの中で転がっていました。
20190111_05

交換してから帰宅途中、空からハラハラと。
20190111_06

雨かと思ったら雪でした(^^;
明日東京に向かうのに、大丈夫かいな、と思いながら、まあスタッドレスに履き替えたからいいかと。
20190111_07

翌29日。
息子に会えるってんでハイテンションな夫婦は、朝も早よから起きて高速の人に。
20190111_08

続きを読む

Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?