セルモーターをはずしたところからクラッチプレートの厚みを測ってみたら

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

前回の記事でセルモーターをはずしたとき、こんなときしか見ることができないクラッチプレートを点検してみました。
何を点検したかというと、その厚みであります。

これは realoem.com のパーツ図ですが、No.6がクラッチプレート、No.5がプレッシャープレート、No.7がハウジングカバー。
プレッシャープレートとハウジングカバーの間にクラッチプレートが挟まれているので、この間の厚みを測ればクラッチの厚みがわかる...はず。
20161202_01

この写真で見ると、左から⑤プレッシャープレート、⑥クラッチプレート、⑦ハウジングカバーの順番に並んでいます。
20161202_02

この矢印の間を測ればクラッチの厚みがわかる...はず。
20161202_03

プレッシャープレートは一部クラッチプレートにかぶっている部分がありますので、そこを避けて測ります。
20161202_04

何回か測った結果は5.42ミリ。
20161202_05

前回、88,000キロくらいで測ったときは5.43ミリだったのですが、23,000キロを走って0.01ミリしか減っていないというのはちと不自然。
どちらかの測定結果が間違っていると思われますが、記憶が新しく、慎重に数回測定した今回のほうが信憑性が高いと思われます。
何回か測定した中の最小値が5.42ミリだったこともあるし、現在の厚みはこれが正解と思っておきましょう。
前回の測定の信憑性が低いといいながらその数字をもとにすると、そのときに測った新品の6.62ミリとの差は1.2ミリ。
111,000キロを1.2ミリで走ってきたので、4.9ミリの限界までの0.52ミリで走れる距離は単純計算で48,100キロ。
本当にこれだけ乗れればうれしい限りなのですが、やっぱり少し用心して早めに交換したほうがいいかな。
まあ、来年のGWにやろうかと思っていましたが、次回はツーリングに費やせそうです。

最後にクラッチのハウジングの中を覗いておきます。
以前クラッチレリーズシリンダ交換しましたが、すでに経験している通り、これはフルード漏れを起こすことがあります。
ひどくなるとハウジング内に流れるようですが、どうやら大丈夫のようです。
写真では分かりにくいですが、見える範囲でフルードのあとはありませんでした。
20161202_06

さて、クラッチは少し安心していられるかな?

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

3年ぶりにセルモーターをグリスアップ

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

最近、しばらくバイクに乗らなかったあとに始動すると、セルモーターからぎゃ~っと音がする頻度が高くなりました。
寒くなってきたこともあるでしょうけど、やっぱりグリス切れなんでしょう。
前回グリスアップしたのはほぼ3年前
これからまだまだ寒くなるので、いまのうちにグリスアップすることにします。

カウルを左側だけはがし、ステッププレートも撤去します。
20161130_01

シフトのリンケージのグリス。
6月にグリスアップしたグリスはブッシュを追加したおかげかまだキープされています。
20161130_02

セルモーターをはずす前にバッテリーのマイナス端子をはずしますが、ありゃりゃ~。
20161130_03

めっちゃ腐食しています。
20161130_04

今年の初めに粉を噴いているのに気がついていちどきれいにしていますが、そのときよりもはるかにひどい粉噴き芋状態です。
これは流酸鉛錆か硫酸だそうです。
もうバッテリーが寿命なのかもしれませんね。なにしろ、この激安UPS用バッテリー、2012年の12月の購入してもうほぼ丸4年ですから。
20161130_05

さて、本題に戻りましょう。
ボルト2本を緩めてセルモーターをはずしました。
車体側とかみ合うピニオンはけっこう摩滅していますねぇ。
20161130_06

はずしたあとは暖かい部屋の中に持って入り、Accuradioでジャズなんかステレオで増幅して聴きながら作業をします。
20161130_07

まずはフランジ部(?)ハウジング部(?)をはずします。この四つの、なぜかトルクスのボルトをはずします。
20161130_08

簡単に外れます。
おそらくはクラッチの削れカスでしょう、黒い粉が堆積してまあ汚い。
20161130_09

指で触ると真っ黒になります。
20161130_10

いつもグリスアップするスプライン。乾いてはいませんが、潤滑されているとは言い難い感じ。
20161130_11

ここにグリスを塗っておきます。
20161130_12

さらにシーソー部分のシャフトもはずしてチェック。
20161130_13

プランジャの部分もきれいにお掃除。
20161130_14

シーソーのシャフトがはまる穴もきれいに。
20161130_15

シャフトにもグリスを塗って復旧します。
20161130_16

車体側のリングギアとかむピニオンにも薄くグリスを塗っておきます。クラッチのすぐ横なので過剰は禁物。
20161130_17

後ろのブラシもチェックしておきます。
まだまだ大丈夫。
20161130_18

マグネットのチェックもしておきます。
剥がれ対策をしたからというわけではないでしょうが、問題なさそうです。
20161130_19

遊星ギアの中もグリスが切れかかっているので...
20161130_20

わかりにくいですが、グリスを入れておきました。黒い粉はたぶんブラシの削れカスでしょう。
これもきれいにぬぐっておきました。
20161130_21

ここまでやって、細かいところをきれいにしながら組み上げ。
20161130_22

再び寒い外に出て車体に取り付けます。
固定するボルトにグリスを塗ります。
20161130_23

しかる後に復旧。
20161130_24

粉を噴いたバッテリーの端子はきれいにしておきましたが、今年の冬を越せるかな、このバッテリー。ボルトとナットも新調しないとね。
20161130_25

ステッププレートも復旧して今回の作業は終了~
20161130_26

翌日の始動のときは余計な音もしなくなって気持ちがいい。
あのぎゃ~っという音はもちろんですが、クランキングの音が澄んで聞こえます。気のせいかな?
いいんです、自己満足の作業ですからね(笑)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

ODO 111,111km

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日、美山方面にハーフデイツーリングに行ったとき、その帰路でそのときは来ました。

周山街道を南下しているとき、トンネルに入ると、ODOが111,110キロを差しました。
こりゃトンネルの中でぞろ目になってしまうか、止められないかも、と思っていたのですが。
20161204_01

トンネルから出てすぐ、揃いました。
20161204_02

ときに11月26日 14:38。場所はここでした。わかんないね。
20161204_03

10万キロに乗ってから1年と5カ月。

11万キロに乗ってから1カ月。

ここ1~2年は距離が伸びませんね。
しかし、それは自転車で健康になっていることの証でもあります。

バイクに自転車に、健康で楽しめるのは本当にありがたいことです。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

クルマを見たあとは大阪でまったりして帰ろう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

ロードスターを観終わった私たちは、すぐ横でやっていたドイツの物産展らしきものを見に行きました。
20161128_01

でっかいクリスマスツリー。下から見上げるとこんな感じです。
20161128_02

奥さんはやっぱりこういうのが好きですね、楽しそうにあちこち回っています。
20161128_03

そんなお店を回った後、隣にあるスカイビルに上がってみます。
奥さんは高いところが平気。私はダメ。
ほらほら、パパこんなことできる?
や、やめろ。
20161128_04

でも、遠くを見るといい景色です。
大阪は川の町。
20161128_05

この季節に外人さんはTシャツハンパンです(^^;
20161128_06

あのだだっ広い空き地はなんでしょう。
横にJR線が走っているところをみると、旧国鉄の車両基地か何か?
まさかね、こんなに経っているし。
20161128_07

これ、ご存じない方が見たらびっくりするかもしれませんね。
ビルのどてっぱらを阪神高速が通っているのです。
なにもこんなルート取りしなくてもねぇ、と思うのですが(^^;
もちろん、私もこのルート走ったことがあります。
20161128_08

ビルの屋上を歩いていると、円形にめぐらされている反対側のガラスに自分たちが映っているのを奥さんが発見。
20161128_09

へぇ~
20161128_10

そんなことをしながら一周してみると、いろんなものが見えて楽しいですね。
20161128_11

エスカレータを下っていく楽しそうな奥さん。ちゃんと前向いて乗りなさい(^^)
20161128_12

大阪のような都会の中にもちょっとしたオアシスがあるのが見えます。
20161128_13

地上に下りて、少し歩いたところにあるカフェで一休み。
ちょっと雨が降って落ち葉がぬれている感じがいいですねぇ。
20161128_14

大阪は東京に比べて緑が少ない印象でしたが、最近はちゃんと環境にも配慮しているようで。
20161128_15

ぼちぼち行きましょうか。
20161128_16

今日はロードスターに付き合ってくれてありがとうね~
20161128_17

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

MAZDA Roadster RFが大阪にやってきた

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日来、いろんなサイトを見ていると、しばしばMAZDAのRoadster RFの広告が目に入っていました。
何でも11月19日(土)と20日(日)に大阪のマツダブランドスペースでプロトタイプが展示されるらしい。

たまたまというか、その日奥さんもお休みだったので、いっしょ行こうといって出かけました。
開場は10:15でそれに合わせて出発しようとしたのですが、奥さんは着るものがなかなか決まらず、大阪のパーキングに入れたのは11:00過ぎ(^^;
20161126_01

ところが、洋服を選んでいて朝食を食べられなかった奥さんが『おなかがすいた』というもので、先にお食事をすることに(泣)
20161126_02

気もそぞろな私は3皿くらいで『おなかいっぱい』といい、奥さんも大食漢ではないから似たようなもので、喧嘩することなく平和に食事を切り上げ、ブランドスペースに向かいました。
会場の前まで来て、ありゃなんだ?
20161126_03

ロードスターが壁に『飾られている』ぞ?
20161126_04

モックかなぁとか言いながら会場に入ります。
20161126_05

入口を入ったら、きれいなおねえさんがカタログをくださいました。
20161126_06

さて、さっそく見ましょうかね。
会場には2台のRFが置いてあって、こちらはAT仕様。
20161126_07

こっちは6MT仕様。
20161126_08

このおめめが好き。
20161126_09

リトラクタブルハードトップを閉めた状態のRF。赤いBREMBOのキャリパーがカッコよろしい。
このオープンカーとは違うリアのラインが素敵です。
20161126_10

ハードトップをあけて乗ってみます。
20161126_11

ロングノーズのタイトなキャビン。これがスポーツカーのたたずまいですねぇ。
20161126_12

フロントオーバーハングが短く、フロントホイールが前方にあるから、アクセルペダルの右のほうの自然な位置にあります。
20161126_13

リアもコンパクト。こんなプロポーション、ひさしぶりに見た。もちろん、オープンのロードスターも基本的なバランスは同じですけど。
20161126_14

BBSのホイールのスポークの間から赤いキャリパーたのぞきます。かっくいい。
20161126_15

リアウィンドウ部。
実機を見て初めて知ったのですが、リアウィンドウはこんなふうになっているんですね。
ハードトップを納めるリッドが開くからのようです。
20161126_16

リアのテールランプ。
20161126_17

これが気に入らないという方もいらっしゃるようですが、私は好きです。
20161126_18

ヘッドライト部分。この切れ長な目がシャープさを強調していますね、いい意匠です。
20161126_19

このサイドの見ようによってはクラシカルなラインがたまらない。
20161126_20

20161126_21

奥さんがハードトップを操作してあけています。そんなに体を曲げなくてもスイッチに手は届くと思うぞ。
20161126_22

これがハードトップを開閉する機構。滑らかに、静かに正確にハードトップをトランクの前部に格納します。このあたりの動きは滑らかでいいですねぇ。
20161126_23

時速10キロ以下なら走りながら開閉できるそうです。
20161126_24

メーターも自照式。鮮やかで見やすい。
20161126_25

タコメーターのほうが大きいところがスポーツカーというところかな。
20161126_26

オープンにするとリアのガラスは格納されてなくなります。その代わり、一部にウィンドスクリーンのようなものがあって、このあたりは風洞実験なんかでいろいろ試してこんなふうにしていあるのでしょうね。
20161126_27

RFもいいけど、ベースになったオープンのRoadsterもいいですね。
もちろん、こっちのほうが軽いけど、RFのほうはエンジンが2リットルなのでよりパワフル。
20161126_28

こんなクルマ、ガレージとお金に余裕があれば普段使いのもののほかに1台持ちたいですねぇ。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?