乗鞍ヒルクライム ~ Nori-Climberになった日 ~

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

さて、乗鞍ヒルクライム当日の朝。
04:00に起床。朝食は05:00ごろからだということで、みんな思い思いにやることをやります。

TREKさんはクルマに積んできたローラー台でウォーミングアップされています。
これ、前日に私も試させていただきましたが、すごくほしくなりました。
負荷を調整できるうえに、公道を走っているときと違って、一定時間ずうっと負荷をかけられる。う~ん(^^;
20160901_01

私はていじんさん、ドラゴンローディーさん、14144さんに誘われて宿から2キロほど下ってウォーミングアップに行きます。
20160901_02

2キロですが、体は十分に温まって目覚めました。
このウォーミングアップのあとの食事がまたおいしいですね。
でも、ここはあまりたくさん食べるのはご法度。おかわりはしません。エネルギーになるジェル系の食物を携行して走ることにします。
20160901_03

07:00前にスタート地点の集合場所へ。
私は51歳~60歳のクラス。
20160901_04

私よりも上の方もいらっしゃいますが、皆さん速そうですねぇ。
20160901_05

周りを見渡してみると、山に霧がかかっていてとても幻想的。
そんな景色の中を、大会事務局のアナウンスが入ります。
『ゴール地点の天候は晴れ、気温は10度、雲海が見えているそうです』
いやあ、これはいよいよ盛り上がりますね~
20160901_06

さらにアナウンスは続きます。
『今回の参加者の最高齢者は91歳です』
まじか!
会場がどよめきます。
20160901_07

大会委員長だったかな、松本市長のご挨拶などもあり、いよいよスタートの雰囲気が高まってきます。
20160901_08

こんな風景の中を...
20160901_09

上がっていくなんて...
20160901_10

まさに天空の道を行くようなもの。
20160901_11

霧の中を走るのは寒いかもしれませんが、体が温まりますからね。
20160901_12

スタート地点につきます。
いいタイムを出そうなんて思っちゃいませんが、やっぱり緊張しますねぇ。
でもどうでしょう、スタート地点の向こうの山の上はしっかり晴れていますよ~
さすが、超晴れ男の14144さんのパワーの賜物!
20160901_13

そしてスタート。

しばらく走っていると、前方に霧。
20160901_14

三本滝のレストハウスを過ぎてしばらく行くと半分の距離の10キロを通過。
この時点の経過時間はちょうど1時間。
お、このペースなら2時間も可能か。なんて、そう甘くはないわけです(^^;
20160901_15

さらに漕いで漕いで、位ヶ原の山小屋の前を通過。前回と違って今回は霧の中ですが、まだまだいける気がするのは興奮しているせいでしょう。
20160901_16

残り3キロの標識が見えてきました。ここまで、いったい何台のバイクに抜かれたでしょう。逆に抜かしたのはわずかに5台か6台くらい(^^;
20160901_17

この残り3キロ地点を過ぎてちょっといったところの右カーブで、とうとう私の脚が悲鳴をあげました。
ここに至るまでにも3回くらい休憩をしたのですが、脚が動かなくなったので止まってビンディングをはずし、バイクを降りたところ、両膝の内側がギューっと攣ってしまいました。
あ~いかん、とにかく揉もう。ここまで来てリタイヤなどできるものか。
そうして足を揉んでいると、すぐそばにいたフォルツァの二人組が歩み寄ってきて
『お父さん、どうされました?』 (この『お父さん』がけっこうショックだったり ^^; )
『いやまあ、脚がつってしまって、揉んでるんですわ』
『そんなときにナンですけど、今回は何回目の参加ですか?』
『え~と、一回目です(^^;』
『そうですか、頑張ってくださいね』
『ありがとうございます。ここまで来たんですからね、ゼッタイ完走して見せます!』
と脚を揉みながら大見えを切りました(笑)
聞くと長野朝日放送のクルーの方らしく、編集後、乗鞍ヒルクライムの番組で放送されるそうです。
長野県のローカル番組らしいので、私が住む京都では観ることができませんが、もしこんなやり取りをしている丸っこいサングラスをかけてOGKのヘルメットをかぶったおっさんが映っていたら、それは私です(笑)

でもね。
あんなふうに『完走して見せます』って宣言したら足のつりもすっかり鳴りをひそめました。
長野朝日放送のクルーの方のおかげで続行できたようなものです、ありがとうございました。

さあて、頂上も見えてきました。
まだあんなに上るのか、なんてことは考えません。
もうすでに2キロ近くまで来ているんだ、と自分を奮い立たせます。
20160901_18

もう下山してくる人たちもいますね、速いなぁ。
20160901_19

ここらへんであと1キロ地点だったと思います。
もうゴールはあの先です。
20160901_20

そして、薄い空気の中、へえへえ言いながらようやくゴールイン。
20160901_21

自分で計測した所要時間は2時間54分。でもスタートと同時に計測をスタートしたわけではなく、スタートの数分前、画面を見ると07:24分にスタートボタンを押したので、実際はもっと少し短いはず。
20160901_22

ふもとから運んでもらった荷物の中からフリースを出して着て、ちょうど横にいたお兄さんにお願いしてお約束のバイクリフトを撮っていただきました。
ウィンドブレーカの下からフリースがのぞいている間抜け具合はご愛嬌ということで(^^)
20160901_23

先にスタートされたTREKさん、私といっしょにスタートされたドラゴンローディーさん、私を追い越して行かれたていじんさんと14144さんはすでに下山されているはず。私もとっとと下りましょう。
20160901_24

下山は200台くらいが先導車(クルマ)について下っていきますので、少し待たされます。あそこがその先導車がいるところ。
20160901_25

5分くらい待ったかな。前回の落車のトラウマがあるので言われなくてもスピードなど出す気になれません。ゆっくりのんびり下ります。
20160901_26

途中でいい景色が見えたら写真なんか撮ったりしながら。
20160901_27

みなさんお疲れさま~
20160901_28

雲がどんどん流れていきます。なかなかこんな風景を見に来ることはできないので、できるだけゆっくり下りたいのですが、皆さんがどうされているかわからないので、下りていきます。
20160901_29

で、宿に到着したら、ていじんさんとTREKさん、14144さんがが『お帰りなさ~い』と出迎えてくださいました。
なんと、もうお風呂もすませてしまったんだとか。
どんだけ遅いんだ、オレ(^^;

13:00でイベント会場は終わりだというので、皆さんとイベント会場に行きます。お待たせしてしまってすみません。

受付のときと同じテントに行って完走証をいただきます。
20160901_30

例のチップを埋め込んだバンドでコンピュータに記録された公式タイムは2時間46分21秒。
う~ん、皆さんより1時間以上遅いぞ(^^;
まあでも、初めての参加なので、完走できてよしとしましょう。
20160901_31

Webサイトで見てみると、私は一般男子Fクラスの791人中770番台。
後ろ3%以内に入ったという、なかなか取ろうと思っても取れない成績でした(笑)

この後、13:30頃から皆三々五々、帰路につきました。
宿を出発してしばらくすると、雨がパラパラと。
20160901_32

14144さんが『大会が終わって昼から雨が降りますよ、きっと』なんておっしゃっていましたが、本当にそうなった!!
いやあ、さすがですね。これにはホント、驚きましたよ。
レースが始まるときに晴れさせてしまって、終わったら雨ですよ。
帰りは安房峠のトンネルを西に抜けるまでずっと雨でした(^^;
14144さんの晴れ男パワー、恐るべしですね。

帰りはけっこう休憩も少なく、まだ明るいうちに京都のインターチェンジを降りることができました。
左前にいるBMWが同じETCレーンを先にくぐりましたが、私と同じ料金でした。たぶん、この方々も乗鞍に出ていらっしゃったんでしょう。
20160901_33

帰宅してからシャワーを浴びたら足がひりひり。
雲が多かったから焼けまいと思っていたのに、こんなに焼けていました。やっぱり山の紫外線は強いですねぇ。
20160901_34

こうして、私の初めての乗鞍ヒルクライムは無事終了~
こうやって無事に完走できたのも、今回ご一緒させていただいた皆さんのご指導や励ましがあったからです、本当に。
7月にプレクライムに連れて行ってくださり、ほかにも高校の同級生もいろいろ教えてくれました。
こうやって新しいことに挑戦して成功することって、幸せなことですね。

今回もTREKさんには宿の手配からお土産までいただいて、14144さんにもおいしいジュースをごちそうになり、ていじんさんとドラゴンローディーさんには夕食の飲み物をごちそうしていただいたり励ましていただいて、みなさんのおかげで完走できました。
何より楽しかった!
本当にありがとうございました。

なんだか、ヒルクライムが終わってもなかなかゼッケンをはずす気になれません。
それくらい楽しかったんだよな~
走っている最中はとってもしんどかったのに、思い出すと楽しい思い出しかないんですよね。
これ、たぶん一人でエントリしていたらこんな印象はなかったと思います。
走るときは離ればなれだったけど、やっぱり皆さんに引っ張っていただいたんだなぁ、と実感しました。
20160901_35

来年もぜひ参加したいです。
会社の休暇を調整して、ネゴシエーションをしっかりして行くぞ~、NORIKURA 2017!!


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

乗鞍ヒルクライム ~乗鞍は大会前の雰囲気たっぷり~

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

長いこと楽しみにしていた乗鞍のヒルクライムの日が翌日に迫りました。
このハードな20キロの道のり、1,260メートルの標高差を走った翌日はきっと体は動くまいと思って、だいぶ前から会社でもネゴをして、翌日の月曜日はお休みをいただくことにしていました。なので、だいぶ気がラク(^^)
今回もTREKさんていじんさん14144さん、そして、今回初めてお会いするドラゴンローディーさんとご一緒させていただきます。よろしくお願いいたします。

27日土曜日の09:30頃、前日から用意していた荷物を再確認してワゴンのハッチを閉めます。
20160830_01

出発した京都の空模様はご覧の通り。
翌日の現地乗鞍岳の天気も芳しくなく、曇りのち霧または雨というとても微妙な予報です。
まあでも、霧くらいだったら少々ぬれるかもしれませんが、大丈夫でしょう。
今回、この危なそうな天気で14144さんが雨雲を吹き飛ばされたら、こりゃ本当にすごいことだぞ。
20160830_02

そんなことを考えながら名神高速に乗り、走っていると、前方に小さな白いクルマの影。
あれ、なんだかあの車に似ているな、でもまさかな、めったに見ることができるクルマじゃないし。
なんて思ってい、ゆっくり走っているそのクルマに近づいたら、やっぱりそうでした。
TOYOTA 2000GT。
まことに、まことに残念ながら大きくピンボケでしたが、久しぶりに見て大興奮してしまいました。
家内か息子が同乗していたら、絶対に後ろからと横、そして前から写真を撮ってもらったんですが、残念無念。
20160830_03

このクルマは 1960年代後半に生産されたトヨタブランドのスポーツカー。
日本を舞台にした『007は二度死ぬ』でオープンボディのこのクルマがボンドカーに採用されていたのは有名な話。
『トヨタブランドの』と変な書き方をしたのは、トヨタの名を冠していても、ほとんどがYAMAHAの手になるクルマだったからで、当時の最新の技術を結集して造られた、いま見ても贅沢な機構満載の、日本のクルマの黎明期に燦然と輝く名車です。
ああ、後ろをくっついて走って、パーキングに入るときにいっしょに付いて入って直撃インタビューすればよかった(^^;

2000GTに後ろ髪をひかれつつ高速をひた走り、飛騨清見ICで下車する直前で我が Golf VariantのODOメーターが60,000キロを超えました。購入してから8年と1カ月ちょっと。ほとんどヤレた感じがしないのはいいもんです。
20160830_04

ここからは一般路を走り続けます
乗鞍が近づくにつれてどんどん霧が出てきます。
20160830_05

大丈夫かな...。
20160830_06

そして、14:30頃、ようやく目指すホテルのすぐ下まで到着。
もうヒルクライム一色で、"Welcome Nori-Climber" なんて幟があってうれしくなっちゃいました。
なるほど、乗鞍とクライマーを組み合わせたのね、誰が考えたか知らないけど、うまいこと言いますねぇ。
20160830_07

そこからすぐ、ヒルクライムのスタート地点のちょっと上のベストポジションのお宿に到着。
20160830_08

ていじんさんと14144さんとTREKさんはすでに到着されていました。
受付は17:00までなのでまだ余裕がありますが、イベントもやっているらしいので、私も行ってきます。

なんだか自転車で走っている人がけっこういて、雰囲気が盛り上がりますねぇ。
20160830_09

受付のテントです。
ここで参加証を見せてゼッケンほかをもらいます。
20160830_10

私のゼッケンナンバーは7846番。
20160830_11

せっかくなのでブースを回ってみます。

これ、はじめてみました、竹のフレームのバイク。
木のフレームのバイクは見たことがありますが、竹は初めてですね。
20160830_12

クロモリのフレームでいうところのラグの部分、ここも竹なのかな?
20160830_13

シートポストの部分も。
どんな乗り味なのか乗ってみたい。きっとしなりがあって乗り心地がいいんでしょうね。
20160830_14

こちらは超軽量の、たぶんフルカーボンのバイク。質量4.18キロだって!
片手で持って見てもまあ軽いこと。
20160830_15

同じブースにあったこのバイクもかっこいいですねぇ。
観るだけ見るだけ(^^)
20160830_16

こちら、TREKのスパルタカス。
フレームだけか完成車か見忘れましたが、お値段 770,000円だそうで。
20160830_17

こちらの2台は300,000円くらいだったかな。
こういうトップモデルたちを見ていると、これくらいでも安く見えて脳内がインフレ状態になるという非常に危険な場所です(^^;
20160830_18

そんなモデルたちを見ながら会場内を歩いていると、何人かのコスプレイヤの方もいらっしゃいました。
この方は毎年こられる名物のようで、バイ菌さんの出で立ち。
こういう方がいらっしゃるとなごみますねぇ。
20160830_19

さて、やることやったので戻って英気を養いましょう。何でも、ていじんさんと14144さんは歩いて乗鞍岳の頂上に行かれているのだとか。すごいですねぇ。
私にはとても真似できませんので、素直に宿までの道を上っていきます。
20160830_20

ああ、このヒルクライム前の雰囲気、これいいですねぇ。
到着したクルマ、イベント会場に向かう人、翌日に備えて走りこむ人...。
20160830_21

部屋に帰って翌日の準備。
受付でもらった備品です。
左下から時計回りにウェアにつけるゼッケン、バイクのフロントにつけるゼッケン、備品の説明書き、バイクにゼッケンを固定するモール、ヒルクライムのときにゴールまで荷物を運んでもらう時に荷物に付けるタグ、タイム計測用のマイクロチップが入ったバンド、そしてウェアにゼッケンをつけるための安全ピンです。
20160830_22

このタイム計測用のバンドは足首に巻き付けますが、マイクロチップが仕込まれていて、スタートとゴールでセンサーの上を通過するとその間の時間を記録してくれます。
なので、どの位置でスタートしても純粋に走る距離の経過時間が計測されるという仕組み。
20160830_23

そんなことをしていると、14144さんが戻ってこられました。
なんと、お酒が飲めないTREKさんと私のためにアップルブドウジュースをお土産にくださいました、ありがとうございます(^^)
濃厚でとってもおいしい。あっという間にいただいてしまいました。
20160830_24

楽しいことをしていると時間はどんどん進みます。
お食事の時間。
明日のハードワークに備えてしっかり食べておきましょう。ふだんは糖質を抑えている私も、こんばんはご飯をおかわりいたしました(^^)
20160830_25

みんなそろったらやっぱり乾杯ですねぇ。私は当然ウーロン茶であります。
20160830_26

ドラゴンローディーさんはご夫妻で、そして、TREKさんはご一家総出でいらっしゃってにぎやかで楽しい夕食でした。
20160830_27

こうして、TREKさん、14144さん、私の3人ひと部屋のメンバーは明日に備えて20:30頃には部屋の電気を消して寝ました。

さあ、明日はいよいよスタートだ、と思うとなかなか眠れないかと思いきや、けっこう深い眠りにつきました(^^)

続きます。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

いよいよ乗鞍ヒルクライム

土曜日の朝、自転車を積み込んで自宅を出発。
20160828-01

ひるがの高原で唐揚げ食べて休憩。
20160828-02

お宿に着きました〜〜
20160828-03

さあ、明日はどうなる?
完走できるか!?

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

乗鞍ヒルクライムに向けてロードバイクをちょっとメンテナンス

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

もうすぐ乗鞍ヒルクライム。
その前にちょっと駆動系をメンテナンスしておきましょう。

ていじんさんとTREKさんにいただいてから一度だけ注油したチェーン回り。
注油すると潤滑もされますが、同時に土埃や汚れも呼んでしまいます。
これをきれいにしておきたい。
20160826_01

ミッシングリングがあるので、チェーンをはずすのは楽チン。
20160826_02

はずしたチェーン。
20160826_03

ひとまずウエスで汚れをふき取りました。
20160826_04

スプロケット側も汚れていたので...
20160826_05

ウエスで拭っておきました。
20160826_06

リアスプロケットも汚れがひどかったので...
20160826_07

古着を細く裂いてひも状にして、ラチェットを送りながら全周を拭きあげます。
20160826_08

20160826_09

プーリーも汚い。
20160826_10

はずしたほうが作業しやすいのではずしちゃいました。
20160826_11

後ろ側はテンションプーリーで、回転方向が指定されています。
20160826_12

中心にセットされているシャフトにも軽くグリスを塗っておきます。
20160826_13

こちらは前側のプーリー。やはり汚れが付着しています。
20160826_14

こちらのシャフトもグリスアップ。
20160826_15

すっきり(^^)
20160826_16

スプロケットやプーリー、チェーンがきれいになったらチェーンをセットして、チェーンオイルを落としていきます。コマの連結部分に一滴ずつ(写真撮っていたら3滴くらい落ちちゃった)。
20160826_17

全コマ塗れました。
20160826_18

余分なオイルをふき取って完了~。
20160826_19

つぎ。
ポジションです。

先日の乗鞍プレヒルクライムのときも、京北に行った時も、やっぱりハンドルの位置が高すぎだと感じました。
このポジションは長距離を走るには比較的楽ですが、ヒルクライムのときはフロントが上がるため、上体が平地よりもさらに起きてしまい、ペダルにトルクがかけづらいのです。
20160826_20

そこで、ステムを裏返しにしました。
20160826_21

ステムを交換するためにはヘッド部分をはずすので、ついでにベアリングもチェックしておきます。
20160826_22

ここもグリスアップしておきます。
20160826_23

そして最後、乗鞍で落車したときにスピードメーターのセンサー部分のラバーがずれてしまったため、これも直しておきましょう。
20160826_24

あるべきところにラバーを敷いて...
20160826_25

でも、タイラップの結合部分の位置があまり良くなかった。これだとタイラップの切り口に手や足を引っ掛けて切ってしまうかもしれない。
20160826_26

なので、ライターであぶって丸めておきました。
20160826_27

さて、これでひとまず完了。

ためしにポジションをチェックしに近くの坂を走ってみましたが、ああ、やっぱり上るならこっちのほうがいいな、という感じでした。よかったよかった。

でもね。
ちょっと気になることも。

こちら、高山の週末の天気予報。
20160826_28

そして、こちらは松本の週末の天気予報。
20160826_29

乗鞍はこの高山と松本のちょうど真ん中あたりにそびえる山ですが、レース当日の高山の降水確率は50%、松本は30%。
とっても微妙な予報ですが、昨日はそれぞれ50%、50%だったので、東から回復するとみた!

乗鞍本番まであと2日。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

夏のお昼のライド 山はたいへん、平地は楽し

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

暑い暑い毎日が続いていますね。
朝練ができるときはいいのですが、前日の仕事が夜遅くまでかかった時などは起きるのもしんどいので、どうしても惰眠を貪ってしまうもの。

でも、乗鞍が近いからやっぱり体は慣らしておきたい。

ということで、よせばいいのに、お昼から自転車を出してアフタヌーンライドをしてきました。

京都植物園を出発し、鴨川を上っていきます。
20160824_01

未舗装路なので、ゆっくりまったり行きます。
20160824_02

鴨川から北山通りに乗り換え、千本北山から京見峠に向かって坂を上っていきます。

鷹ヶ峯の然林房からいよいよ京見峠に上っていく坂にハンドルをむけると道が一段と狭くなってきます。
20160824_03

そこにある温度計は33度を表示していました(^^;;
20160824_04

先日の記事で書いた旧道ではなく、新しくできたバイパスを上っていくと、クルマで走っていたときは気がつかなかった眺望が開けました。
ここまで上がってくると少しだけ気温は低くなりますが、それでも漕いでいると全身から汗が噴いてきます。
20160824_05

京北まで行こうと思っているので(このときは)、まだまだ先は長い、けっこう坂はきついですが、トレーニングのつもりでフロントアウター縛りでがんばります。
20160824_06

ところが、峠の茶屋を過ぎて、このルートの頂上の氷室分れの手前のところで体に変調。
ちょっと吐き気がして、ビンディングをはずしてその場にへなへなとへたり込んでしまいました。
20160824_07

あそこが氷室分れの三叉路。左の方に京北に向かう道が下っています。
20160824_08

ここでちょっとクールダウンします。
完全に熱中症の症状ですが、幸いなことにここまで上がってくると風が吹くとたいへん気持ちがよろしい。
ボトルに入ったスポーツドリンクと水を飲みながら風にあたっているとどうにか落ち着いてきました。

もう向こう側に行くのはやめよう。行ったらまた帰るために上らないといけない。

ということで、山の上の冷たい風を浴びながら、暑い下界におりてまいりました。
季節がら、お地蔵さんがいらっしゃるところでは地蔵盆が開催されています。
20160824_09

だいたい小学校6年生の両親が主催します。拙宅も9年前にやりました。
20160824_10

ここまで下ってきてすっかりクールダウンした私は、ちょっと市内を走ることにして、鴨川を下っていきます。
20160824_11

このところ、暑い空気に大陸からの冷たい偏西風が流れ込んで大気が不安定になっているそうですが、この日もちょっと怪しい雰囲気。でも、雨のカーテンが見えないので大丈夫そう。
20160824_12

ヨドバシカメラによって探し物があったのですが、結局見つからず、帰るときにも空に『竜の巣』が成長していました。
20160824_13

そんな空を見ていたら、そうだ、いま使っているサングラスってもう20年も前のやつで度も合わなくなってきたな、確かダブルオーっていう度付きスポーツサングラスのショップがあったはず、とまた北上を始めます。
20160824_14

さすがにスポーツサングラスを扱うお店。店の前には自転車を立てるスタンドが設置されていました。
20160824_15

ところが、残念なことに、どこかのマーケットに出店しているらしく、扉には鍵がかかっていました(T_T)
う~ん、ヨドバシとともに残念な結果。

と、熱中症になりながら走った距離は約35キロ。
20160824_16

獲得高度は523メートルだそうです。左側の大きな山が京見峠の氷室分れまでの往復です。
20160824_17

あ~、やっぱり夏の昼間のライドはきついなぁ。
乗鞍はまだ標高が高いからよかった(^^)

一方で、気温が30度を超えても山を上るのでなく、平地を走るのであれば風を受けてけっこう楽しく走れることもわかりました。

乗鞍本番まであと4日。



にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

What's popular?
日本ブログ村